2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

帰ってきたスパロボ風に会話イベントを妄想するスレ

1 :超神ゼスト:2007/09/18(火) 17:32:02 ID:CQrmwPlf
前スレが落ちていたので今更立てるのも私だ

スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1101045768/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 2
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1101904365/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 3
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1117295191/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 4
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1122103442/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 5
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1130599267/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 6
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1137294017/l50
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 7
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1146932454/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 8
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1155951898/
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ 9
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1164389438/l50
スパロボ風に会話イベントを妄想するスレ ]
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/gamerobo/1174126047/l50x
まとめサイト(第4スレ719氏)
ttp://koutetujeeg.hp.infoseek.co.jp/SUPAROBO.html

カツ・コバヤシvsユーゼス・ゴッツオ(α)とか、
ギム・ギンガナムvsドモン・カッシュ(α外伝)とか、
ゼンガー・ゾンボルトvsシャア・アズナブル(2次α)
ちせVS孫悟空(?)
など、ゲーム中では見られなかった、
キャラクター同士の会話イベントを妄想するネタスレです。
ロボット作品以外でも構いまわないと言うのも私だ

2 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 17:35:30 ID:e598smlc
2ならDCαENDでユーゼス死亡

3 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 17:39:38 ID:Ulql8DtJ
復活おめノシ

4 :超神ゼスト:2007/09/18(火) 17:40:22 ID:CQrmwPlf
>>4なら>>2は無効にするの私(ry

5 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 17:44:36 ID:2wXKHA4+
>>1

6 :さっそくネタ:2007/09/18(火) 19:00:42 ID:dLxowyMp
「西方、ダイゼンガー、ゼンガー・ゾンボルト!!」
じゃり…じゃり…

ロブ(ぶ……内蔵武器はどうした…!?)

7 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 23:22:34 ID:Ztd2Dcjf
ストライダー飛竜VSスカリエッティ(なのはsts)

飛竜「眼を覚ます時間だ、ジェイル・スカリエッティ。くだらん夢には満足したか?」
スカリエッティ「最強のストライダー…飛竜…ここまでたどり着けるとは…
        くっくっく……すばらしい!!
        欲しかったなあ、その力も……だが、もう手遅れだよ」
飛竜「……亡者の世界の副産物に過ぎん貴様ごときが神になれるとでも…
   本気で思っているのか」
スカリエッティ「そのためにナンバーズに私の遺伝子を与えたのだよ。
        プロジェクトFの応用技術を用いてねえ……
        私が囚われ、あるいは死んだとしても
        じきにその遺伝子は1ヶ月で成長し、私の記憶を受け継いで
        新たな私として『生まれてくる』。君のしていることは無駄なあがきなのだよ!!」
飛竜「ククク……はははは……」
スカリエッティ「……?
        何がおかしい!?」
飛竜「安心しろ。ヤツは俺が殺す。一匹残らずな。
   所詮貴様はアマチュアだ。神にはなれはしない」
スカリエッティ「やってみるがいい、ストライダー!!
        私が世界に託した夢は止まらんよ!!」

飛竜「 で は 貴 様 が 最 初 に 死 ね ば 良 い 」

とっさに思いついたネタでスマソ

8 :それも名無しだ:2007/09/18(火) 23:46:48 ID:iibtFbUa
結局なのはやデモベ信者のすくつ(ry)になるのかね

9 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 01:04:27 ID:gx07daj2
まぁ逆シャアケイサルガンエデンもやり尽したし……
オリ関連でも携帯機ネタは見ないし、やっぱ据え置きの版権が出てくれなきゃネタがないんじゃね?

10 :それも名無しだ:2007/09/19(水) 19:01:55 ID:RtGhhEZo
ハザルVSバードン

バードン「クキャァ!」
ハザル「たかが鳥の分際で俺にたてつくか!こいエイス、ガドルヴァイクラン!!」
バードン「クキャ?」
ハザル「ベリアレディファー!!」
バードン「クキェ!!」
ハザル「ふん、たかが鳥の分際で俺に…な、何!?」
バードン「クキェェェェ!」火炎
ハザル「お、俺のヴァイクランの頭に火が!ゆ、許さん!!あっ、つ、突くな!!」

11 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 12:53:05 ID:UqPA6PR4
人がなのはネタ書こうと思った時って大抵こういう流れなんだよなぁ…

獅子王凱(ガガガFINAL)&前線フォワード部隊(なのはStS)

凱「なあスバル、お前のあれ…マッハキャリバー、だっけ? ちょっと見せてくれよ」
スバル「え? いいですけど…」
凱「へぇ、こんな小さなのがああなるんだなぁ…。俺にも装備できるかな?」
スバル「ええっ!? いや、それはその…」
ティアナ「残念ですが、多分無理ですね。それはスバルの専用デバイスですし、何より凱さんは魔導師じゃ…」
凱「足りない要素は勇気で補う! セェーーーーット・アップ!」
ティアナ「って聞いてないし!?」
パアァァァ…
凱「おお、やろうと思えばできるもんだな」
スバル「ええええ!? な、何で!?」
エリオ「凱さんは、確かGストーンと融合したエヴォリュダーでしたね。
ひょっとすると、Gパワーと魔力には近い部分があったのかも…」
ティアナ「いや…そういう問題じゃないと思うけど…」
凱「よし、じゃあせっかくだしやってみるか、あのブロウクンファントムみたいなの!」
スバル「ブロウクンファントムみたいなのって…まさか、ディバインバスターですか!?」
キャロ「さ、さすがにそこまでは…」
凱「心配するな、俺は地上最強のエヴォリュダーだ! 魔法の1つや2つぐらい、勇気で出してみせるぜ!
…うおおおおおおおおおおっ!」
キュイーン!(魔法陣と魔法リングが出現)
エリオ「本当に出た!」
スバル「嘘ぉ!?」
凱「ディバイン…バスタァァァァァァァァァァァァァァァァァァーッ!!!」
チュドーン!
キャロ「本当に撃った!」
ティアナ「しかもナックルまですっぽ抜けた!」
スバル「あ、あたしのナックルがぁぁ〜!」
シュゥゥン…ガシンッ!
凱「ふんっ!」
キャロ「しかも戻ってきた!」
エリオ「すごい、本当にブロウクンファントムだ!」
ティアナ「次スバルの代わりに凱さんに出撃してもらったらどう?」
スバル「ううう…人のデバイスで遊ばないでくださいよぉ〜!」

12 :それも名無しだ:2007/09/20(木) 18:42:42 ID:ZVcIzDw5
グローカーシリーズ(コスモスVSジャスティス)VSαナンバーズの皆さん

vsアムロ
アムロ「宇宙に害をなす者を滅ぼすために動く機械か・・・だが人間はまだそこまで腐っちゃいない!!」

VS鉄也
鉄也「グローカーども!俺は戦うためだけに生まれたお前らに倒されるような奴じゃないぜ!!」

VS万丈
万丈「たとえ地球人が宇宙正義から悪と決め付けられようとも…世のため人のため、グローカーの野望を打ち砕くダイターン3、この日輪の輝きを恐れぬのならかかって来い!!」

VSジュドー
ジュドー「宇宙正義かなんだか知らないけど、まだ来てない未来のために滅ぼされるなんて溜まんないね!」





13 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 00:09:44 ID:ZBO43rgG
シャーディー(遊戯王要約シリーズ)VSナイア(デモンベイン)

(戦闘前)
シャーディー「ヤグシェマシュ。ワタシ名前シャーディ。いいね、いくら?」
ナイア「……いきなり値段を聞いてくるとは予想外だったな。仮にも女性に失礼だとは思わないかい?」
シャーディー「ワタシの妹、エジプトで四本の指入る娼婦でシタ。そんな胸見える服着たアナタも娼婦に違いありまセン。
       もしシテくれたらワタシが耳にドーナツ下げてる理由教えてあげマス」
ナイア「……まあいいさ。望むならカードゲームでもなんでもしてあげようじゃないか」
シャーディー「セクシィータァーイム!!」

(戦闘後)
シャーディー「ワーワーウィーワー! アナタナイアルラトホテップデス! とてもビクリしまシタ」
ナイア「流石に僕が混沌だってことには気付いたみたいだね」
シャーディー「かつて暗黒のファラオであるネフレン=カはナイアルラトホテップを信仰して邪悪な儀式やりまシタ。
       そんな悪い神はきっとユダヤ人に違い無いデス。ワタシがこらしめるネ」
ナイア「…………」
シャーディー「しかもこのユダヤ人、ユダヤ人の上に女デス。遠慮する理由はありまセン」
ナイア「差別的な発言はアメリカでやってほしいな、ミスターボラット」

14 :それも名無しだ:2007/09/21(金) 17:42:46 ID:ULM5dJag
ウルトラマグナス「なんだか」
サイクロナス「他人の」
小野妹子「気が」
伊賀観「しな」
ゴットン「い」
キョン「な」
ハムテル「あ」
出展 トランスフォーマー2010、ギャグマンガ日和、Heaven? 、ZZガンダム
涼宮ハルヒの憂鬱、動物のお医者さん

15 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 00:16:54 ID:TBlthq5Z
考えうる最凶のスーパーロボット大戦

鉄也(ゴーダンナー)「OK! 行くぜみんな!」
シロー「おう! 俺達の手で、この無意味な戦争を終わらせてやる!」
ヴィラル「フッ、それも一興…宇宙に出るのは、地球の内輪揉めを片付けてからだ!」
凱「行くぞ! 俺達の勇気を見せてやる!」
アズラエル「フフフ…あちらは随分とやる気のようですね。じゃ、僕らもやる気出して、ちゃっちゃとザフトを蹴散らしてやりましょう」

…若本? 彼はコーチとかのボイス無しキャラが多すg(ry

16 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 13:05:18 ID:cBMyKRHS
阿部高和(くそみそテクニック)VSシャア・アズナブル

シャア(な、なんだこのプレッシャーは!?)
阿部「…」
シャア(な、何!アクシズの中に人が残っているだと!?」
そう思っているとその男は私の前でツナギのファスナーを外し始めたのだ
阿部「やらないか」
シャア「えぇぇい!なんといい男だ!!」

17 :それも名無しだ:2007/09/22(土) 23:38:39 ID:2kMyQcfj
>>15
舞人「ガイン、ヤツらにパーフェクトキャノンを撃ち込むぞ!!」

18 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 00:50:17 ID:ZKNb5vnq
ここは一つageてみるか

19 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 20:48:07 ID:ofgFJAIZ
アズラエル「ラコック補佐官君の代行弁務官に協力しよう。」
ラコック「アズラエル理事ご協力ありがとうございます。ではまた後ほど。」
三輪「あのような若造に・・・!」
コルベット「理事はあのような者を重用するとは何をお考えですか!」
アズラエル「君達は分からないようだがあの男は意外と使えそうだよ?」
ラコック「(地球至上主義?青き清浄なる世界?そんなものはどうでもいい!俺は
富、権力、名声を得られれば!)」
出展:闘将ダイモス、太陽の牙ダグラム、宇宙の騎士テッカマンブレード、機動戦士ガンダムSEED

20 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 22:47:06 ID:EG+RIKku
>19
御前ら全員死亡決定


21 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 23:01:58 ID:gxmkS/E3
シモン「穴を掘るなら天を衝く!墓穴掘っても掘りぬいて、突き抜けたなら俺の勝ち!俺を誰だと思っている!カミナの兄貴じゃない!俺は俺だ!穴堀りシモンだ!」
リュウセイ「カッコイィ〜ライ!オレ達もなんか決め台詞考えようぜ!」

うん、自然だ

22 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 23:18:43 ID:ITnnc6W6
板違い
「風」なだけでロボと何も関係ないし、ネタもロボに縛らないと明言している
削除依頼してこい屑
LR>>>>(越えられない壁)>>>>1の意見やスレテンプレ、来歴

23 :それも名無しだ:2007/09/25(火) 23:39:21 ID:t8dK12V8
>>22
物狂いか

24 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 00:23:16 ID:hBTUe21t
>>22同意
なのはやららき☆すたやらハルヒやらケロロやらそれぞれは嫌いじゃないが信者の無軌道ぶりがクソすぎる
それに需要がないから落ちたのにまた作るとか頭が気の毒としか思えない
そんな糞スレを擁護する>>23こそ物狂いが疑われる

25 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 00:27:50 ID:1oiMQRQr
要約すると>>9なんで寺田は早く普通のスパロボ出せ

26 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 00:28:50 ID:QKtOkDmL
>>23
同意するしかないな
何時までも根に持つ荒らしの執念深さにはゾッとするほか無い
ついでに言うならそんな屑レスを擁護する>>24>>22の自演の疑い濃厚

27 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 00:48:18 ID:hBTUe21t
で?
板違いに反論出来ないから煽ったり自演疑ったり必死ですね
そんな君も23の自演だと疑わしいですよ

28 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 06:23:01 ID:RSxkCozP
とりあえず くうきを よもうね

29 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 08:43:04 ID:NPm1w3UK
>>22-28という会話イベントを妄想した

30 :それも名無しだ:2007/09/26(水) 17:48:58 ID:N5ir8hq6
既に会話イベント発生中

31 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 18:30:23 ID:xo9R8bG9
ガンエデン(なんだか・・・)
ジーグ(他人の・・)
なのは(様な・・・)
ハヌマーン(気が・・・)
RX(しないな・・・)
ゴッドマン「ゴッドマーン」


32 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 19:15:07 ID:2ESdFeSL
ゴットマンwww

33 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 20:45:42 ID:zN6j9YVV
鉄也(グレートマジンガー)VSシン(ガンダム種死)

シン「そこをどけ! 議長の邪魔をするな!」
鉄也「フン、今のザフトのトップエースはこんなものか!」
シン「な、何っ!?」
鉄也「家族を奪った戦争への怒り、そんな戦争を今なお続ける世界への怒り…
結局のところ、お前の力はそれらによって蓄えられたようだな」
シン「それがどうした!」
鉄也「怒りによって精神の安定を欠くような力など、取るに足らないものだと言っているんだ」
シン「こいつ…言わせておけばっ!」
鉄也「さぁ来いシン! 言っておくが、冷静な判断力の伴わない戦い方など、戦闘のプロには通用しないぜ!」

34 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 21:01:08 ID:/ePYce5I
>>31
人選が良く分からんwww

35 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 21:41:13 ID:7KJTS+DD
デュミナスVSドラえもん

ドラえもん「はい、タイムマシン〜!」
デュミナス「これで創造主に会える…ありがとう、ドラえもん」
ドラえもん「いえいえ、どういたしまして」

スーパーロボット大戦R   完

36 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 22:09:18 ID:zUXTL1vR
参戦作品:スーパーロボット大戦MX、サウスパーク
エルデ「これがAI1の出した結果!
これがAI1の進化の果て!
これがAI1の本当の姿!」
カートマン「あのババァ、相当頭がイカレてやがるぜ
これならカイルのババァの方がマシだぜ」
カイル「こんな時にママを侮辱すんなよ!デブ!」
カートマン「デブじゃねぇよ!骨太なんだよ!」
スタン「おい、動き出したぞ!」
エルデ「消えろ、消えろ!
みんな消えてしまえ!」
AI1の攻撃がケニーに当たる
ケニー「アァァァ!ぶちょ(ミンチになる)」
スタン「あ〜なんてこったケニーが殺されちゃった!」
ケニー「この人でなし!」
ブライト「なんてことだ……」
アムロ「ケニーが………」
甲児「殺されちゃった……」
アクア「ケニー…」
カートマン「あの腐れビッチ絶対に許さねぇぞ!」
ヒューゴ「エルデ・ミッテ!お前だけは絶対に倒す!」


37 :それも名無しだ:2007/09/27(木) 23:15:32 ID:is8Smt7y
>>36
最後文字化けしてるぞ読めねーよwww

38 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 01:18:09 ID:/7nM3BnK
渚カヲルVSハピラキビックリマンの皆さん

カヲル「やあ、ゲンキ君にジェロ君。君なら来てくれると思ってたよ」
ゲンキ「あっカヲるん!やーっと追いついたー」
カヲル(カオるん……長くなっているじゃないか)
ジェロ「一体どうしたんですか、みんな心配してましたよ」
カヲル「僕は君を呼んでいたのかもしれない」
ゲンキ「そんなことよりさ、ここどこ?」
ジェロ「ゲンキ君、何もわからずにここまで来てたんですか?」
カヲル「どんな時にも前向きな心を失わない、君の事を」
ゲンキ「うわ!何あのでっかくて白くて気持ち悪い巨人!」
カヲル「その何事にも屈しない強い心は、未来を紡ぐ力となるんだ」
ゲンキ「なんかお腹たるんでるなぁ、こんな所にいないで運動しなきゃ」
ジェロ「ゲンキ君、あれはそういうのじゃなくてですね……人間の女性には子供が生まれる際に妊娠というのがあって……」
カヲル「そしてジェロ君、女神である君は、後に彼と合体してひとつに……」
ジェロ「僕は男の子ですってば!……あーほら、ゲンキ君、カヲルさんが何か言ってますよ、ちゃんと話聞かないと」
ゲンキ「うは!ジェロ、下見ろよ!なんか見渡す限り、スープの海が広がってるぞ!」
ジェロ「へ?あれ、スープなんですかね?確かにぱっと見では色はそんな感じですけど」
カヲル「……」
ジェロ「……あ、カヲルさん。それで、何を言ってたんでしたっけ?」
カヲル「遺言だよ。さあ、僕を消してくれ。そうしなければ、君らが消えることになる。
  滅びの時を免れ、未来を与えられる生命体は一つしか……」
ゲンキ「ぷはぁーっ!!うめぇー!ジェロ、お前も飲んでみろよ、このスープすっげぇ美味いぞー!!」
ジェロ「嘘!?ほんとに飲めちゃうんですか、これ!?」
カヲル「……君達には未来が必要だ。ありがとう。君に会え……」
ヤマト王子「おーいゲンキ、こんな所にいたのかー」
十字架天使「ゲンキ君ジェロ君、何してるんですの?」
ゲンキ「あっヤマちゃんに十字架ちゃん!見てよこのスープ、すっげー美味いんだぜー!」



カヲル(いつぞやのヘラクライストといい、なんでビックリマンの連中はこうも……)(#^ω^)ピキピキ

39 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 14:13:29 ID:ZGxC0g5g
>>33
なぜだ……
鉄也がかっこよく見えるぞ

40 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 18:16:13 ID:cOV7Epxi
>>34
共通点・・・敵に容赦ない

41 :それも名無しだ:2007/09/28(金) 18:52:51 ID:AM77KAZ7
>38
ww話きけよwww

42 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 01:58:16 ID:ZFrOy16A
「みんな、新メンバーを紹介する
 彼は刹那・F・セイエイ16歳
 『武力による戦争の根絶』を掲げる私設武装組織ソレスタル・ビーイング所属の特殊暗躍傭兵(エレメンタル・マックシング)だ
 熱血漢と冷徹さを兼ね備えた男だが、まだ子供のような所があり、世間知らずな行動に出る事がある。
 たった一人で戦艦を10隻を壊滅させたという優秀な成績を持つ。
 彼が戦う理由は今だに謎に包まれたままだ。
 愛機はガンダムエクシア。
 通常の人間が乗るとGに耐え切れず、精神崩壊を起こしてしまうため彼以外の人間は使いこなせないそうだ」

「おう、これからよろしくな刹那・F・セイエイ」
「歓迎するぜ、わかんないことがあったら何でも聞いてくれ」
「しかしソレスタル・ビーイングか、最近ではそういう組織があるんだな」
「おいおい、少しは世の中の動きに目を向けろよ」
「ヤドカリっぽいパーツ背負ってるのが特徴的なガンダムだな」
「なあGN粒子ってミノフスキー粒子とどう違うんだ?」


「…なあ、あの紹介聞いて何とも思わないのか?」
「え? なんかおかしい所があったか」
「(こいつらにとってはあれくらい普通なんだ、慣れって怖え)」

43 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 10:15:44 ID:59nX7YPv
マッドギャラン@巨獣特捜ジャスピオンVSシャドームーン@仮面ライダーBLACK

マッドギャラン「これはこれはゴルゴムの世紀王殿。こんな所に何の御用ですかな?」
シャドームーン「ふん、サタンゴースの息子か。
        私は偉大なるゴルゴムの作戦を実行している最中なのだ。
        貴様の相手をしている暇など無い。消えろ!」
マッドギャラン「生憎だが俺も忙しいのさ。
        我が父・サタンゴースの野望の妨げとなる
        “黄金の鳥”を見つけ出し、滅ぼさなくてはいけなくてね」
シャドームーン「…あくまでも我らの邪魔をするか、マッドギャラン…
        いかに暗黒宇宙の巨神の子である貴様と言えども、
        ブラックサンと同じ世紀王であるこの私に勝てると思っているのか?」
マッドギャラン「フッ、俺は一度お前と戦ってみたかったんだよ。
        ゴルゴムのリーダーであり、世紀王の片割れでもあるお前の首とキングストーンを
        父上に捧げることで、俺は偉大なる大サタンゴースに…
        無敵の王者の道に、また一歩近づくことができる!」
シャドームーン「身の程知らずが…後悔するがいい!!
        サタン・サーベル!!
(サタンサーベルを手にして)
        キングストーンを持つ者の力、その身をもって味わえ!!」
マッドギャラン「来い、シャドームーン!
        世紀王の力…サタンゴースの子である俺がねじ伏せてやる!!」
       (メタルテックスーツを装着)

44 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 11:13:30 ID:r47idBB4
テニスの王子様 IF …… 乾 貞治 VS 石田銀

石田銀「おぬし…相手のデータを集めて戦うテニスを得意としてるらしいが…
     ワシには通用せんぞ」
乾   「やってみればわかるさ」

乾サーブ

観客 「出たー!乾先輩のウォーターフォールだー!」
石田銀「なるほど、中々のスピードや……
     だがこの威力はわしの一式波動球以下!これが切り札と言うんだったらあわれやな!」
乾  「なっ!」

銀サーブ

乾   「ぐわっ!」
石田銀「今のが二式波動球や」

石田銀「三式波動球!!」
観客 「だっ駄目だー!乾先輩のラケットが吹き飛ばされたー!」
乾   「いや……六式までならタイミングを見計らえば打ち返せる!!」
石田銀「……なるほどおぬしのデータ能力しかとわからせてもらった…だが…

      ワ シ の 波 動 球 は 百 八 式 ま で あ る ぞ       」

乾(理屈じゃない!)
乾「き……棄権します」
石田銀「おぬし………」
観客「だっ駄目だぁァァァ! 怒らせた! 殺されるぅぅぅぅぅぅ!」

45 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 14:43:50 ID:nuO2MXv+
>>31の面子がスパロボに参戦したら・・・
ガンエデン「あなた方は地球には不必要な存在・・・」
ジーグ「ジーグブリーカー!死ねえぇぇぇ!!」
なのは「・・・少し頭冷やそうか・・・」
ハヌマーン「仏様を大事にしない奴は死ぬべきなんだ!!」
RX「逃がさん!!」
ゴッドマン「ゴッドマーン、スパーク!!」
敵「ぎゃあああああああ!!!!!」
とんでもない事になりそうだ

46 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 16:00:16 ID:9KzBwoXY
ハヌマーンの増援にジャイアント&ミレニアム、ダーク、エリートも加わり新怪獣リンチ

47 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 19:25:53 ID:njAcKxI+
>>33
そのあと鉄矢避け損ねて落とされる。

48 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 20:06:24 ID:lbB80H8e
ブレード(テッカマンブレード)VSシン(ガンダム種死)

シン「アンタだってラダムに家族を奪われたんだろ!
俺も家族を戦争に殺された…アンタみたいに、戦争を起こした連中に復讐して何が悪い!」
ブレード「復讐か…確かに俺にそれを悪いと言える筋合いはない」
シン「なら邪魔すんな! 道を空けろ! どきやがれ!」
ブレード「だが、俺はまだ死にたくない! そして仲間を死なせたくない!
お前の復讐の動機などどうだっていい…俺は、お前が俺達に手を出そうとしているから倒すんだ!」
シン「何だと!? 無茶苦茶なこと言うな!」
ブレード「ああ無茶苦茶だ。だが、お前が真に復讐を果たしたいのなら、その意志を力で示せ! 俺という『無茶苦茶』を打ち砕いてみせろ!」
シン「上等だ! アンタみたいな小さな奴、俺のデスティニーでブッ飛ばしてやる!」

49 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 20:22:58 ID:lbB80H8e
凱(ガオガイガーFINAL)VSシン(ガンダム種死)

凱「憎しみで戦っては駄目だ、シン! それではマイナス思念を糧としていたゾンダーと同じだぞ!」
シン「さすが勇者サマだ、アンタもアスハに負けず劣らず綺麗事が達者だよ!
でも、そんなもんはくそくらえだ! アンタは家族を殺されても黙ってろっていうのか!?」
凱「では、いくら戦争を起こしたとはいえ、お前は妹や両親と同じ人間を殺すというのか!」
シン「軍人としてそれは当然だ!」
凱「人殺しを憎むお前が、同じ人殺しをすることにためらいはないのか!」
シン「うるさいうるさいうるさいっ! …それに、あんな奴らをマユ達と一緒にするな! あんな奴ら、人間じゃないっ!」
凱「…どうやら、アスランの言葉は、お前には届かなかったようだな…
…なら、俺とジェネシック・ガオガイガーでお前に分からせてやる!
無限を超え、憎悪を超えた、勇気から生まれる絶対勝利の力を!」

50 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 21:09:43 ID:nuO2MXv+
ゴッドマンVSなのは(なのはstrikers)
なのは「駄目だよ・・・ヒーローが怪獣を一方的に殴りまくってちゃ・・・」
ゴッドマン「ゴッドマーン」
なのは「私の言ってること・・・間違ってる?」
ゴッドマン「ゴッドクラッシュ!」
なのは「・・・少し頭冷やそうか・・・」
ゴッドマン「ゴッドマーン」

51 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 22:20:25 ID:ivkpDvnJ
フェイ「なんだか」
イド「他人のようなきが」グラーフ「しないな」

カレルレン「当たり前だ」

52 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 22:26:08 ID:9KzBwoXY
全部ゼノギアスのキャラじゃねーかwwww

53 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 22:40:55 ID:xf3ingOq
旅に出るんです
ふる里だ。平和なふる里を戦争に巻き込もうとする
奴らがいる。だから手助けに行く。プレシアを頼みます。

スパロボ5つの誓いを言ってみろ。

言いたくなければそれでいい。だがプレシア、大きくなったら魔装機神隊に入れ。
魔装機神隊の隊員達は皆勇気ある立派な人達だ。君も嫌な物、許せない者と
戦える勇気有る戦士になると良い。

これから帰ります..グッバイプレシア!

54 :それも名無しだ:2007/09/29(土) 22:45:34 ID:Os+zEhsM
ファイナルヤンデレックスペシャル

アスカ「あたしにちゃんとついて来るのよ、いいわね!」
アネモネ「誰に命令してるの?私が先よ!」
シンシア「ま、どうだっていいじゃん…先に行ってるよ!」
クエス「このプレッシャー、気持ち悪い…ええいっ!」
ノヴァ「アハハハハ…光の好きな人はみんな嫌い!」
アルフィミィ「みんな消してあげますわ…」
アスカ「行くわよ!みんな…みんな大嫌い!」
アスカ、アネモネ、シンシア、クエス、ノヴァ、アルフィミィ「消えてなくなれええええ!」


出展:新世紀エヴァンゲリオン、交響詩編エウレカセブン、オーバーマンキングゲイナー、機動戦士ガンダム逆襲のシャア、魔法騎士レイアース、スーパーロボット大戦Impact


ACE3の流れで作った。反省はしていない。

55 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 00:02:34 ID:sDNCJvsp
エイジ(レイズナー)&東方不敗(Gガンダム)

(廃墟の街でエイジを襲っていたならず者達を
 通り掛かった東方不敗が一瞬でのす)

東方不敗「フン… 己が欲望のまま生き、
       この星を汚す事しか能のない下衆共が…」

エイジ「ま、待って下さいっ!!」
東方不敗「……」
エイジ「旅の方! お名前は存じませんが、今の凄まじい
     身のこなし…… 高名な武術家とお見受けします!」
東方不敗「……それがどうした?」
エイジ「お願いです! あなたのその技を……
     僕にも教えて下さい!!」
東方不敗「……」
エイジ「いきなりこんな事を言って、無礼だというのは重々承知しています。」
     ですが、僕には……!」
東方不敗「失せい。
       ……ワシは弟子は取らん。もう二度と、な……」
エイジ「そ、そんな… お願いします、どうか…!」
東方不敗「くどいぞ。他を当たれい」
エイジ「……」

東方不敗「……。
       何故、力を望む?」
エイジ「え……?」
東方不敗「ヒトは一度力を手にすれば、それを私利私欲のために
       振るいたくなるのがオチよ。
       ちょうど今し方、貴様を襲っていた連中のようにな」
エイジ「……」
東方不敗「そんな奴に、易々とワシの技を授けてやるわけにはいかん。
       第一、貴様のような優男がワシの修行に耐えられるとも思えん。
       こんな世界でも、暴力から逃げ、ひたすら身を隠しながら臆病に
       生きてゆけば、何とか暮らしていけるものよ。
       それを進んで痛い思いをしてまで、何故力を欲するのかと聞いておるのだ」
エイジ「ぼ、僕は… 僕には…
     ……守りたい人が居るんです! 助けたい仲間達が居るんです!
     でも…でも、今のままじゃ…! こんな体たらくじゃ……!」
東方不敗「……」
エイジ「お願いです! 何でもします、どんな辛い事にも耐えます!
     決して逃げません、あなたの足を引っ張るような事もしません!
     だから、せめて……せめて一人で身を守る術だけでも!
     お願いします!!」
東方不敗「…………半月だけだ」
エイジ「!!」
東方不敗「あくまで必要最低限の事しか教えるつもりはない、それまでに勝手に身に付けい。
       それからメシは自分で調達しろ。そこまで面倒は見切れん」
エイジ「あ……ありがとうございます!!」

56 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 00:17:15 ID:oIRhKlNi
ファイナルガイナックススペシャル

シモン「行くぞみんな!」
ノリコ「分かったわ!」
シンジ「頑張ります!」
アスカ「ホラホラ、まずは牽制いくわよ!」つバレットライフル
ノリコ「バスタァァァァミサイル!」つバスターミサイル
シモン「いっけぇぇぇぇぇ!」つドリルミサイル
シンジ「いくよアスカ、ユニゾンキック!」
カズミ「ノリコ、私達も!」
ヴィラル「遅れるなよシモン!」
シンジ&アスカ「「うおおおおーっ!」」
ノリコ「スーパー!」
カズミ「イナズマ!」
ノリコ&カズミ「「キィィィィィィーック!」」
シモン「ギィガァ! ドォリルゥ! ブゥレイクゥゥゥゥゥゥ!」
シモン「これで終わりだ! ファイナル・ガイナックスゥゥ…スペシャァァァァァァァァァルッ!!!」

57 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 00:30:56 ID:yhxi8zy2
>>33>>48>>49
シン「おかしいな、なんで俺が私怨で戦う復讐鬼みたいになってるのかな」
シン「俺は第二の故郷と戦争の無い世界の為に、いきなり核攻撃してきた敵国とか、戦争の黒幕とか、裏切り者とか、テロリストとかと軍人として戦ってきたんだぜ」
シン「俺の言ってること・・・間違ってるかな?」
シン「・・・少し頭冷やそうか・・・」

        冂    \ ィ ===┐   \\   /i__/ / / /: .:
 \    /|ニ | \  //|    .|、    \_\/ |  ∠/  /: : :.
  丶\/  {三lヾ  /,ィ /l、    | \   / ̄\//   /: : : : . .
    ヽ\_「 ̄ト‐",イ }/ ト== イ ,へ、\/    >   /: : : : : : :.:.:
     入__L=|_,∠, i |/  |     | ,へ \/    ハ\ヽー――――
     ト|ヽ-∨ヾ彳// } ‐--- |、_`/ ヽ、__ ィ 、  \、-――":.:..
     ヽ ヾ`〒"/ /  /     !   / ヽ、 /、\   ヽ: : : : : : : :.
      / ̄7ニ//  / ̄    \/   イ\ \ \  \ー---
     /  ̄/yへ _ /            | \\  \__ , \―
    /  / /_ /  ̄ \ _ / | ̄/\   \ / ̄/  / \ ヽ、:.
   〈―<  ,/二ニ= ∠ / ヽ .! ./ /l    ̄ ̄ ̄ヽ、    / \:.
   ヽ _/    └ }   {-- { ⌒ }'  /       _ 上 _ / \:. :. .
     {  ̄ ̄〒" ,イ  ̄  ヽ/ Y´=--/      イ  \ \  \
     L ___ |/ |\   \_|___/ \    -= \  \ \
         | , へ| | ヽ、_        フニ{  __ ヽ、  \ \
     /二二! ヽ/ !_  |ヽ、    ./   ヽ「  __丶   \
   //  /  /ト 、  /ヽ|  ` ー\      丶「 ー‐‐ :}
, " /    |\/  |  ̄| ー「|   \  \      ヽ=---"
 ∠-― 二.|ヽ | / |   !  | |    ヽ / !
  /    |  |   |  l   | |   -―' /|

アンタは一体何なんだぁぁぁぁぁ!!!


58 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 01:11:38 ID:sDNCJvsp
>>55の続き

エイジ「―――それが、その人との出会いでした」
ミサト「そ、そうだったの……」
エイジ「『お前は身体が貧弱なので得物を持て』と、トンファーを用いた格闘術を
     勧めてくれたのもその人です。
     それから、しばらく稽古を付けてもらいながら寝食を共にしました。
     当初半月だけの予定だったのですが、僕の物覚えの悪さから
     結局半年近くも一緒にいてもらって……」
ミサト「そう…。 でも、エイジ君も良く耐え抜いたわねぇ……」
エイジ「毎日が地獄の苦しみでしたよ。血反吐を吐いたのも一度や二度じゃない。
     でも、あの人はそんな僕を見捨てることなく、最後まで付き合ってくれました」
ミサト「それで、その人は今?」
エイジ「ある朝、忽然と姿を消しました。
     『約束通り必要最低限のことは教えた。後は己の力で生き延びろ』と
     書き置きを残して……」
ミサト「……」
エイジ「結局、最後までお名前は明かしてくれませんでしたが、
     あの人にはどれだけ感謝の言葉を並べても足りません。
     彼に出会えなかったら、今頃僕は生きてはいないでしょう。
     レイズナーだけ動かせたって、あの荒野で一人で生き延びることは
     出来なかった。
     そして、こうしてアンナ達を助けに行く事も」
ミサト「……強くなったわね、エイジ君」
エイジ「いえ… 全てはあの人のお陰ですよ」
ミサト「ううん、身体だけじゃない、あなた自身の心が本当に強くなったのよ。
    初めて会った頃の“迷い”や“怯え”みたいなものが、今のあなたからは
    完全に消えてる。仲間のために全てを擲って戦う勇気を、あなたは
    この世界で身に付けたわ。
    ふふっ… アンナちゃんには悪いけど、私が先にエイジ君と付き合っちゃおうかな〜♪」
エイジ「か、からかわないで下さい!
     ……それより、もうすぐ着きます。着地の用意を」

ミサト「(間違いない、エイジ君の言う『あの人』……
     ドモン君の師匠、東方不敗マスター・アジアね。
     だとしたら、きっと彼はまだ迷っている。人類を本当に滅ぼすか否かを。
     一度は私達の敵に回っても、再びこの世界でエイジ君を教え導く……)」
ミサト「(……。
     私とは大違い、ね。
     味方面をしながら、最後までシンジ君を傷付ける事しか出来なかった私とは……)」

59 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 07:18:31 ID:3sx6sqj0
>>58
なんかエイジがまる見えのナレみたいなしゃべり方だ。

60 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 12:18:54 ID:GqxOpmV7
ウシロ「ん・・あれ・・俺、負けちまったのか・・
なんだコレ・・血?・・痛くねえのに・・ぐあっ!・・やっぱ痛いか。
ん、あいつは・・ココペリ・・!?いや、誰もいない・・幻覚か。
そうだ・・カナは・・?・・そうか、俺死んだんだよな・・・だったらここは地獄なのか?
あれは・・カナ!?」
カナ「・・・・」
ウシロ「おい、カナ。しっかりしろよ、おい!!」
カナ「・・・・」
ウシロ「死んでるのか・・?」
カナ「・・・・」
ウシロ「いや、心音はある・・気絶しているだけか。しかし、派手に潰したな・・。
これじゃあ生きてる奴はいないだろうな・・。ん、生きてる?勝ったのか?
コエムシ・・いるんだろ。さっさと出て来いよ」


(無音)

ウシロ「いない・・のか?」
カナ「・・・・」
ウシロ「・・結局、生き残れたのは俺とこいつだけか」
カナ「・・・・」
ウシロ「・・ん」
カナ「・・・・」
ウシロ「・・はぁ・・はぁ・・はぁ・・はぁ・・はぁ」
カナ「・・・・」
ウシロ「はぁ・・はぁッ!」
カナ「・・・・」
ウシロ「・・うあッ!!
・・意外と気持ち良いもんだな、カナ・・」

61 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 13:59:23 ID:UcTNk3pE
流石に出典書いてくれんと…

62 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 14:37:16 ID:5gt96hIP
銀さん「なんだか」
なのは「他人の様な」
アムロ「気がしないな」

63 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 14:56:40 ID:oIRhKlNi
ヴィラル「なんだか」
スバル「他人のような」
ヴィータ「気が」
翔(遊戯王GX)「しない」
凱「ぜ!」

64 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 15:59:28 ID:YIGOax6h
特撮大戦のIfネタ:もしも7人ライダーが参戦していたら…
長文でスマソ

ルシファード「…………」
サキ「システムを再起動しています!これで、次元歪曲フィールドは停止します」
ルシファード「よし…ありがとう、サキ!」
サキ「いいえ…それは、リョウコ様に言ってあげて下さい。
それよりも…この状況を鋼帝ゼファスが見逃すはずがありません!
   タクマも、皆さんも気をつけて下さい!」
ルシファード「ああ…いよいよだな。
       さあ、サキ…?どうしたんだ?早く行くぞ!」
サキ「…………
   ごめんなさい…私は、ここを離れるわけにはいかないのです」
ルシファード「なんだって?どういうことだ!?」

闇の声「息子よ…」

仮面ライダーアマゾン「……!?誰だ!!」
ルシファード「…!? 貴様は…?」
闇の声「フフフ…」
ルシファード「鋼帝ゼファス…!?」
鋼帝ゼファス「息子よ… よくぞ、ここまでやって来た…
       だが、システムの再起動はできぬ。じきに貴様たちは黒コゲとなるだろう…」
仮面ライダーアマゾン「黒コゲ!?アマゾンも、みんなも、死ぬのか!?」
仮面ライダーX「どういう意味だ!?」
サキ「システムは、再起動をする際に
   この操作パネルから交流電圧が放出されます」
仮面ライダーX「だとしても…操作パネルの周辺素材は絶縁体じゃないか?」
サキ「はい…そこが、問題なのです!」
キカイダー「なぜ? どういう問題なんだ?」
サキ「絶縁体に交流電圧を負荷すると、
   絶縁体内部に誘電損と呼ばれる電力消費現象が起こります。 
   そして、それは…熱に変換され、絶縁体の温度上昇を引き起こし、
   この操作パネル自体が発火消滅してしまう仕組みになっているのです」
鋼帝ゼファス「ハッハッハッ…その通りだ! さすがは、アテファリナの造った有機ドロイド…小細工は通用せぬか?
       だが…操作パネルが燃え尽きてしまえばシステムは強制終了し、自動的に再起動する!
       次元歪曲フィールドにロックがかかり貴様らは、
       死んでもここからは出られんというわけだ!ハッハッハッ…」
仮面ライダーストロンガー「へっ、一筋縄じゃいかねえってワケか。
             大したカラクリを思いついたもんだな。鋼帝ゼファスさんよ!」
仮面ライダーアマゾン「アマゾン、怒った!!出てこい、ゼファス!!オレと戦え!!」
ルシファード「くそッ、鋼帝ゼファス!貴様だけは、絶対に許さん!!」

65 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 16:01:40 ID:YIGOax6h
続き

仮面ライダーX「ここから脱出する方法はないのか!?」
サキ「……ひとつだけ方法があります!」
仮面ライダーX「…!? ダメだ、サキさん!有機ドロイドである自分の身体を
        絶縁体に見立てて交流電圧を負荷するつもりだな?
        そんなことをしたらいくら有機ドロイドとはいえ、君の身体は…」
ルシファード「…!? やめろ、サキ!離れるんだ!! サキ!!」
サキ「来ちゃダメ! タクマ!!」

(仮面ライダーストロンガーが乱入)

サキ「茂さん!?」
ルシファード「茂!?」
仮面ライダーストロンガー「おっと、サキさんよ、その役目は俺が引き受けたぜ。
             この仮面ライダーストロンガーがな!」
サキ「でも、そんなことをしたら茂さんが…!!」
仮面ライダーストロンガー「要は、絶縁体の代わりがいるんだろ?だったら電気人間であるこの俺の出番だぜ!
             システムの電流ごと受け止めて、一気に逆流させてやる!!
             何もサキさんが背負うこたぁねえ。あんたにはタクマがいるんだろ?」
ルシファード「…!やめろ、茂!!お前がどうなるか、わかっているのか!?」
仮面ライダーストロンガー「悪いな、タクマ…こればっかりは譲れねえ。
             ……命にゃあ賭け時ってモンがある。アイツもそうだったんだ……
             行くぜ!チャァァァァジ・アップ!!」

(超電子ダイナモ発動)
  
仮面ライダーストロンガー「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!!!」

ルシファード「茂ーッッッッッ!!」

#閃光

仮面ライダー1号「システムが再起動した!」
仮面ライダー2号「次元歪曲フィールドは停止しているようだ…」
仮面ライダーV3「成功…したのか?」
仮面ライダーX「……そうらしいですね、先輩…」
仮面ライダーアマゾン「茂…茂!無事か!?」
鋼帝ゼファス「ぬう…なぜだ? なぜ、強制終了せんのだ?」
城 茂「フ、フフ…ハッハッハ…残念、だったなあ……
    正義の電気人間・城 茂様を舐めるなよ?鋼帝ゼファスさんよ!!
    子供だましな罠を仕掛ける前に、『城 茂様専用歪曲フィールド』でも作っとくんだったなあ?」
鋼帝ゼファス「くう…おのれ、仮面ライダーストロンガー……
       まあよい!どの道難攻不落のこの艦を止められる者などおらん!!
       さあ、来るがよいぞ!この全能で全知なるわしの下へ…鋼帝ゼファスの玉座へ…!
       貴様たちに後悔の念とはどういうものかたっぷりと教えてやろう…ハッハッハッ…」
城 茂「ああ、たっぷり後悔させてやるぜ。城 茂様を敵に回したことを…グッ!?」
ルシファード「大丈夫か、茂!!なんてことを…なんてバカなことを…茂ッ!!」
仮面ライダーアマゾン「茂、死ぬな!アマゾン、トモダチが死ぬ、悲しい!」
城 茂「へ、へへ…おいおい、そう怒鳴るなよ、タクマ、アマゾン……
    この城 茂様がそう簡単に死ねるかよ…お〜熱ちちち…!」

66 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 16:07:34 ID:YIGOax6h
続き・これで〆です

仮面ライダー1号「…!? まさか…!?」
仮面ライダー2号「どうしたんだ? 本郷?」
仮面ライダー1号「見ろ!電流は…茂の身体を突き抜け地面に抜けている…
        茂は絶縁体替わりに、その身体で電流を受け止めたのではなく…その逆だ!」
仮面ライダーX「しかし、電気人間といえども、あの電流に耐えて逆流させるのは至難の業のはず…!」
ルシファード「どういうことだ? 茂…」
城 茂「……そんなこと、俺が知るか……!」
仮面ライダー1号「おそらく超電子ダイナモが制御装置代わりになってくれたのだろう。
        だが…」    
サキ「鋼帝ゼファスの言う通りです。
   もし、例え私の絶縁体の身体でシステムの交流を受け止めれば、
   逆流した電流がシステムが強制終了させ、同時に燃え尽きてしまったでしょう。
   もしかすると、茂さんは無意識に半導体の役割を果たし
   電気伝導性を向上させ逆流を防いだのかもしれません」
ルシファード「アースの役割を果たしたというのか!?茂!!」
仮面ライダー1号「半導体は高純度の単結晶のシリコンに微量元素を混ぜなければならん。
        もし、有機ドロイドのサキさんの身体が行えたとしても、そんな組織で構成されているとは思えん!」
仮面ライダーV3「それじゃ…簡単にアースの役割を果たせるものとは?いったい、なんなんです?」
仮面ライダー1号「…………あるとすれば、ただひとつ…それは、人間だ…」
城 茂「よくわからねえが…本郷先輩…つまり、俺の直感は正しかった…ってことだろ?
   やっぱ、サキさんが背負うことはなかったじゃねえか……」
ルシファード「…!? 茂…バカ野郎!!どうしてそんな無茶を!?」
城 茂「すまねえなあ、タクマ…俺、どうもさっきのサキさんの姿を見て、
   ドクターケイトの時のルリ子のことを思い出しちまってさ……ウグッ!!
   惚れた女を見殺しにするのを見るのはもう、たくさんなんだよ……なあ、敬介先輩?」
仮面ライダーX「茂の言う通りだ。もし、俺がカイゾークじゃなく電気人間だったら、
       きっとサキさんを救うために、茂と同じことをしたのかもしれない……」
仮面ライダーX(そうだろ、涼子……桐子……)
サキ「茂さん……敬介さん……」
ルシファード「茂……!お前ってヤツは……」
サキ「…タクマ、あなたはもう、十分にその罪を償いました。
   これからは人間らしく、幸せを…幸せをつかんで欲しいんです。私と…一緒に…」
ルシファード「………わかった。サキ……茂の治療を頼む。お前ならできるはずだ!」
サキ「はい!」
仮面ライダー1号「タクマ、サキさん。俺達の戦いの答えが、この先にある!行こう!戦うんだ!」
仮面ライダー2号「残るは、鋼帝ゼファスだけか…」
仮面ライダーV3「地球の自由と平和のために、絶対に勝ってみせる!!」
仮面ライダーアマゾン「アマゾン、負けない!タクマも、サキも、みんなトモダチ!
           トモダチと一緒なら、ゼファスに勝てる!!」
城 茂(悪いな…しばらくそっちにゃ行けそうにもねえ。
   この怪我が治ったら、ボチボチ行って来るからな。
   約束だからよ。なあ……ユリ子)

…最後に言っておくが、別に俺はBLACK&RXが嫌いなわけじゃない。
七人ライダー、特にストロンガーが好きなだけだ。

67 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 16:12:05 ID:oIRhKlNi
真ドラゴン(チェンゲ)VSアンチスパイラル(グレンラガン)

アンスパ「ほう、貴様らも螺旋の力を使うのか」
ケイ「ハン、間違えてんじゃないよ!」
ガイ「こいつの動力はゲッター線だ! 螺旋力と他のエネルギーの区別もつかねぇのかよ!」
アンスパ「ゲッターだと…? まさか、この宙域にも存在していたとは…そうか、それならこの事態にも納得がいく」
ゴウ「何…?」
ケイ「こいつ、ゲッター線を知っている…?」
アンスパ「よく聞け。貴様らが使うそのゲッター線…それこそが、螺旋の力の元凶なのだ」
ガイ「な、何だってぇ!?」
アンスパ「螺旋の力は、ゲッター線から枝分かれした流れの1つ…
ゲッターと類似した特性を持つにも関わらず、意思を持たないのはそのためだ。
むしろそれによって、なまじ螺旋民族による制御・操作が可能となっているが故に、スパイラルネメシスを起こす危険性を孕んだのだがな」
隼人「ゲッター線と螺旋力にはそのような接点が…」
アンスパ「ゲッターは螺旋の力以上に大きく、暴力的な存在だ。
銀河を埋め尽くす、一騎当千のゲッター達の大艦隊…我々ですら戦うことを避けた力、それがゲッター線なのだ」
弁慶「ゲッター艦隊…ひょっとすると、インベーダーとの戦いの最後に俺達が見たあれか!?」
アンスパ「どうやら地球の螺旋民族がこれほどまでの力を得たのは、ゲッター線が螺旋の力に作用した結果のようだな。
だが、いくらゲッターと言えども、そこにある力はほんの僅か…この程度なら我々にも…」
竜馬「ヘッ、御託を並べんじゃねぇよ! 要はテメェら、ゲッターにビビって尻尾巻いたんじゃねぇか!」
アンスパ「! ゲッターにビビった、だと…?」
隼人「…フ、ハハハ…ゲッターにビビった、か…これは傑作だな」
弁慶「ゴウ、ケイ、ガイ! 思いっきりやっちまえ!
ゲッターにビビった奴はゲッターに勝てないことを、そいつに教えてやるんだ!」
ケイ「分かったよ、親父!」
ガイ「そんなにゲッターが恐いってんなら、遠慮せずたっぷりとおみまいしてやるぜ!」
アンスパ「愚かな…我らの戦略的判断を、そのように短絡的な言葉でしか捉えられないとは」
ゴウ「もう御託はいい。ゲッターの恐ろしさ、存分に味わわせてやる…!」

68 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 20:02:55 ID:UcTNk3pE
ゴジラVS恐竜帝国

ゴジラ「ギャオオオオオン!!」
ゴール「ゴジラよ!恐竜の末裔でありゲッター線にも耐えうる肉体を有したお前が何故恐竜帝国の邪魔をする!?」
ゴジラ「ガオォォォォオオン!!」
ゴール「なんと!?そのような理由で恐竜帝国の計画を阻むと言うのか!?」
ブライト「くっ・・・」
ミライ「どうしたんですかブライト艦長?」
アムロ「ブライト?どうかしたか」
ブライト「会話の内容がさっぱり分からん!」
イチロー「俺たちにもさっぱり分からん」
リュウ「おいミライ!通訳してくれ!!」
ミライ「えっ!?それはちょっと…」
バン「フィーネ、分かるか?」
フィーネ「ゾイドの心は分かるけど怪獣の心は…」
藤宮「パーセルの持ちあわもないしどうしたものか」
モスラ「キュイ〜!」
ロウ「お?なんだモスラ?」
モル「モスラは私たちに通訳を任せろって言ってるは」
M良太郎「おう速いとこ約してくれ!」
ブライト「うむ、頼むぞ」
ロラ「分かりました。それでは通訳した内容を話します・・・」

モル・ロラ「やりたい事は分かるがお前の態度が気に入らない」

「「・・・それだけ?」」

モル・ロラ「「はい」」

「「・・・」」
ゴール「くぅぉの帝王ゴールにはむかうものには死をぉぉぉおおお!!」
ゴジラ「グァオオオオ!!」

モル・ロラ「「かかってこいやこの三下が!!」」

ゴジラ「アンギァァァオオオオオオ!!」

モル・ロラ「「いくぜ!!」」

出典:ゴジラFW 真ゲッターVSネオゲッター 機動戦士ガンダム逆シャア アストレイ キカイダー01
   平成モスラ ウルトラマンガイア ウルトラマンメビウス 仮面ライダー電王 ゾイドGF
   

69 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 20:28:24 ID:hwLxxuKj
>68
ブライトの奥さんかと思った>ミライ

70 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 21:09:59 ID:s1Aw7wgZ
やっと良スレじみてきたな

71 :それも名無しだ:2007/09/30(日) 22:55:09 ID:nO2FAurD
飛竜「ここまでだ。観念しろ」
ギムレット「私をイギリスくんだりまで追って来るとはご苦労様です。でも、いけませんねぇ」

(量産型SOLO・SOLO出現)
SOLO「追いつめられたのは貴様だストライダー」
ギムレット「あなたお一人でこの大群を相手にできますかねぇ」
飛竜「・・・・・・」
???「あきゃきゃきゃきゃきゃ!!」
SOLO・飛竜「!?」

(塔の上にバネ足ジャック(ウォルター)出現)

ギムレット「いけませんねぇ、折角のいい場面に水を刺すなんて。確か巷で噂のバネ足ジャックさんでしたか」
ウォルター「お前たちがこそこそ動き回ってるのを俺のせいにされちゃたまらんのでな。直々に灸を末に来てやったんだ。と言うわけでそこの男、俺に手を貸しな」
飛竜「・・・・・・利害は一致する。いいだろう」
ギムレット「いけませんねぇ、あなた一人が来た所でストライダーの形勢は逆転しないというのに」

出展:ストライダー飛竜シリーズ・ガガガFAINAL・黒博物館スプリンガルド

時代考証?なにそれ美味いの?

72 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 08:48:15 ID:iZ8qxJx9
>71
どうでもいいが、FINALな

73 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 21:43:45 ID:GR3hSzkz
レイナ「なんだか」
ミユキ「他人の」
スレイ「ような」
獅堂光「気が」
なのは「しない・・」
ウマ子「けぇのう・・・ってなんか殺意が」
SE爆発
レイナ・ミユキ・スレイ・光・なのは「あんたは、違うでしょ。(怒)」
ウマ子「なぜじゃーーーーー。」

出展:マシンロボクロノスの大逆襲・テッカマンブレード・スパロボOGs・魔法騎士レイアース・魔法少女リリカルなのは・PAPUWA

74 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 21:57:31 ID:2UQz2wbF
シン(何となく…)
ザックス(他人の気がしねぇなぁ…)

ルナマリア(こっちも何となくだけど…)
エアリス(他人の気がしないね…)

出典:ガンダム種死、クライシスコアFF7

75 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 22:11:16 ID:SGlms6Y/
もう他人の気ネタはいいよ……

76 :それも名無しだ:2007/10/01(月) 22:37:17 ID:2UQz2wbF
なに、気にすんな。最後にやっときたかっただけだ。

獅子王凱(ガオガイガーFINAL)VSアンチスパイラル(グレンラガン)

凱「お前達はソール十一遊星主と同じだ! 他の生命を奪い、自分達だけで生き延びようとしている!
そんな独善的なことは、絶対にさせやしない!」
アンスパ「我々が生かそうとしているのは自分達だけではない。この宇宙も守ろうというのだ」
凱「ありとあらゆる希望を押し込めて、冷たく眠る者達のみが生き残る宇宙に意味があるのか!」
アンスパ「スパイラルネメシスによって、全ての命が消えるよりはましだ」
凱「そんなにスパイラルネメシスが恐ろしいか!」
アンスパ「それだけの現象なのだよ、スパイラルネメシスは」
凱「お前達は何も分かってはいない! 生きる資格…それは、もがき足掻くことによって勝ち取るもの!
安易な逃げの判断によって得られるものじゃないんだ!
いかにスパイラルネメシスが滅亡の力と言えども、お前達にはそれを真っ向から打ち砕こうという気持ちは起きなかったのか!
まだ見ぬ脅威に対して沸き上がるのは恐怖だけじゃない!
僅かなものでも、勝利の可能性を探り、全てを救うために立ち向かおうとする意志…すなわち、勇気だ!」
アンスパ「どうやら君はいささか楽観的すぎるようだ。我々の意志など分かるはずもなかったな」
凱「ああ、分かってたまるか! 逆に俺が分からせてやる!
真に宇宙を救うのはお前達の逃避じゃなく、俺達の勇気だということをな!」

77 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 20:52:21 ID:8Al3u/wK
>>73
共通点・・・妹
ただし、ウマ子は、外見が漢のため、間違いと判断する

78 :それも名無しだ:2007/10/02(火) 23:29:53 ID:j5K6nEsZ
ドクターJ「このボン太くんヴァイエイトは機動力が犠牲にならないギリギリの規格で徹底的に
      火力を強化したビーム砲と大型ジェネレーターを備える。
      そしてボン太くんメリクリウスは、各々が様々な組み合わせによる力場によって
      敵の攻撃を防御する円形のフィールドジェネレーターを10機備え、通常のモビル
      スーツレベルの兵器ならば完全にシャットアウトする。」
宗助   「素晴らしい……肯定だ!」
かなめ  「不許可よ!」パ〜〜〜〜〜ン 

ヒイロ  「……」

79 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 13:31:09 ID:AEmud5/J
 機動戦士ガンダムZZ×バンプレストオリジナル×新世紀エヴァンゲリオン

ジュドー「リィナ、ちょっといいか?」
リィナ「やだ・・いきなり抱き付かないでよ、お兄ちゃん」
ジュドー「リィナが行方不明になってから俺、ずっとリィナのことばかり考えてた」
リィナ「お兄ちゃん・・」
ジュドー「死んだと思ってた。でも生きてた・・」
リィナ「ちょっと、お兄ちゃん!」
ジュドー「なあ、リィナ」
リィナ「なに?」
ジュドー「俺のこと、嫌いか?」
リィナ「・・嫌いじゃないよ。でも・・」
ジュドー「でも?」
リィナ「・・お兄ちゃんにはルーさんもプルもいるじゃない。私なんか・・」
ジュドー「俺はリィナが好きなんだ。リィナがいれば他の女なんていらないよ」
リィナ「お兄ちゃん・・」

プル「・・ヒドいよ、ジュドー・・・」

クォボレー(これが人の業か・・。しかし、他人事に思えないのは何故だ?)
カヲル「それは君が、以前彼と同じ体験をしたからだよ、クォボレーくん」
クォボレー「!?いつからそこにいた!」
カヲル「君が盗み聞きを始めた頃・・かな?」
クォボレー「・・全部聞いていたのか」
カヲル「それは君も同罪だよ。それよりも面白いものを見せてあげよう・・」
クォボレー「なに!?・・・こ、このイメージは?涙・・?泣いているのは俺なのか・・」
カヲル「そう。それが別の世界の「君」だよ」
クォボレー「う、頭がい、痛い・・」

80 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 14:45:18 ID:q/Alfq2D
日高良司=日高「リリス」、阿部高和=「アダム」高和というネタで考えてみようとしたものの残骸

日高リリス「どうだ、リリスと融合して手に入れたこの二十三億センチのデカチンの味はーっ!!」

81 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 19:13:45 ID:NJVK37Fy
ゾフィー(なんだか・・・)
両さん(他人の様な・・・)
ぶりぶりざえもん(気がしないな・・・)

元ネタ ウルトラマン、こち亀、クレヨンしんちゃん

82 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 19:49:04 ID:W1CWS30n
>>81
元ネタは分からんが、寧ろ

ゾフィー(なんだか・・・)
アスラン(他人の様な・・・)
橘さん「トリックだ」


83 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 20:13:33 ID:kmGdGoH7
平成ゼウス自重

84 :それも名無しだ:2007/10/04(木) 20:15:06 ID:kmGdGoH7
ってヒロ戦も平成だw

21世紀版ゼウス自重

85 :それも名無しだ:2007/10/05(金) 01:57:13 ID:JABnKg7T
ダイゴvsゲンドウ
ダイゴ「世界の子供の願いはティガを蘇らせた、あなたはあの光を見て何も感じなかったのか?」
ゲンドウ「あの力は所詮一過性のものに過ぎん。君の復活を願ったのも所詮は自分を守るためだ」
ダイゴ「違う!あなたが思うより子供達はずっと純粋だ。光の力は災いを振り払うだけの力じゃない!!」
ゲンドウ「ウルトラマンである君に、私のような凡人の心は理解できないようだな」
ダイゴ「僕は人間だ!皆の光をただ預かってるだけに過ぎない。人は願えば誰だって、自分自身の力で光になれるんだ。
    あなただって・・・!!!」

出典・・・ウルトラマンティガ、新世紀エヴァンゲリオン

86 :それも名無しだ:2007/10/05(金) 21:56:24 ID:vZl6uUSk
超星艦隊セイザーXと仮面ライダー電王で…

ゴルド「zzzzzz……」
キンタロス「zzzzzz……」

モモタロス「おい、起きろクマ公!」
ゴルド「オーケイ、艦長!」
モモタロス「お前じゃねーよっ!!」(とツッコミ)
ゴルド「オウチッ!?」
モモタロス「俺はお前の隣で寝てるそっちのクマに言ってんだよ、そっちのクマに!!」
キンタロス「zzzzzz……」
安藤拓人「クマって、キンタロスのことだろ?」
ケイン「何でクマなのかな?」
野上良太郎「わかんないけど、本条さんって人と最初に契約したときがこの姿だったんだ…」
ウラタロス「本物のクマは冬眠中だよ、先輩」
(アドが入ってくる)
アド「起きろ、ゴルド…ん?なんだ、もう起きてたのか…」
ゴルド「ソーリィ、艦長。モモタロスの『起きろ』に反応して…」
アド「…俺の立場がないな…」
キンタロス「立場が、ない…たちばが・ない…?
      なき!?
      泣けるでぇ!!」
安藤拓人「誰も泣いてねーよっ!!」
モモタロス「またこのパターンかよ!?」
ウラタロス「何ていうか、お約束だねえ…」


場所までは考える暇なんてなかったぜ!

87 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 12:15:42 ID:kygMghZ+
勇者ライディーン×新世紀エヴァンゲリオン

麗「ええと・・僕の存在によって傷ついた彼・・。
ならば、癒す事ができるのはこの僕だけ。
彼の閉ざされた心に、もしも触れる資格があるのなら、それができるのはこの僕だけ・・!
碇シンジ君・・今から貴方に贈り物をお届けします。
次回・・あれ?なんか消してある・・ま、いっか。次回、終局。まごころを、君に」
カヲル「そう。それでいいんだ」
麗「・・コレ一体なんのつもり?」
カヲル「見ても分からないのかい?・・予告だよ」
麗「そうじゃなくて!なんで私が予告をやらされてるのかって事!」
カヲル「簡単な事さ。ゲストだよ」

88 :それも名無しだ:2007/10/06(土) 19:55:23 ID:jwMCIWF5
>>86
ブレアー(ry

89 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 17:12:16 ID:l8+cfj6B
ルルーシュ(コードギアス)×スバル(なのはStS)
(無人島話ってことで)

スバル「ルルーシュはどうして、そんなのを被って、ゼロをやってたの?」
ルルーシュ「フン…ホテル事件での演説を聞いてなかったのか? 俺は弱者を守るために…」
スバル「それ、ホントじゃないでしょ」
ルルーシュ「む…」
スバル「それくらい分かるよ〜。ルルーシュはひねくれてるから、そんなこと考えもしないって」
ルルーシュ「…好き放題言ってくれるな」
スバル「あ、ごめん。…でも、ゼロをやる理由は教えてよ」
ルルーシュ「何故お前にそんなことを…」
スバル「いーいーかーら! ゼロの正体も含めて、誰にも言わないからさぁ!」
ルルーシュ「…分かった…分かったから、そんなに顔を近づけるな」
スバル「はーい」
ルルーシュ「(こいつには何故かギアスが効かない…下手に機嫌を損ねて殴られるよりはまだマシか)
…簡単に言うと、俺はブリタニアを倒すために戦っている。そのために黒の騎士団を組織した」
スバル「やっぱり…じゃあ、何のためにブリタニアを?」
ルルーシュ「奴らが俺を…俺達兄妹を見捨てたからだ」
スバル「?」
ルルーシュ「俺の本名は…ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアと言う」
スバル「ブリタニア…、って!? ええーっ!?」
ルルーシュ「そうだ、元皇子だ。父に母を見殺しにされて後ろ楯を失い、外交の駒として日本に飛ばされたがな。
疑うのなら、管理局とやらに戻れたら調べてみるといい。それくらいはすぐに分かるだろう?」
スバル(あ…そう言えば、任務の最初に何かそんなことを言われたような…)
ルルーシュ「その後ブリタニアは日本を攻撃し、エリア11として占領した。
…人質として、俺達が首相の家という要所に預けられていると分かっているにも関わらずだ。
俺達はブリタニアに見捨てられた…俺達、特にナナリーが平穏に暮らせる場所は、この社会のどこにもない。
だから、俺はブリタニアを壊す。俺が父に報い、ナナリーが生きる場所を得るために」
スバル「………」

90 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 17:14:51 ID:l8+cfj6B
ルルーシュ「…聞いてもつまらない話だったな」
スバル「…あたし…そんなハードな過去を背負ってる人がこんな身近にいるなんて、思いもしなかった。
あたしの家族は…お父さんやギン姉は、優しくて、暖かかったから。
一度死にそうになったこともあったけど…その時だって、なのはさんが助けてくれたから…」
ルルーシュ「高町なのは…この国出身の一等空尉。お前の上官だったな」
スバル「うん。とても強くて、優しくて、かっこいい人…だから、今のあたしがある」
ルルーシュ「フ…優しくてかっこいい、か…俺にとっての強い人間は、冷徹で恐ろしい奴だったな。
…お前は恵まれてるよ、羨ましいぐらいに。
お前の持っているものは、打ちのめされてひねくれて、歪んでしまった俺の手には届かない…」
スバル「…でも、安心した」
ルルーシュ「…?」
スバル「ルルーシュはナナちゃんのために戦ってる。
やり方の善し悪しとか、難しいことは分からないけど、ホントはルルーシュも優しいんだ、ってことは分かった」
ルルーシュ「優しい? …人殺しの俺がか?」
スバル「ギン姉はね、あたしがつらい時は、いつでも力になってくれた。
ナナちゃんのために頑張ってるルルーシュは、ギン姉と同じ。優しい人だよ」
ルルーシュ「…フッ…優しさ、か…」
スバル「…ルルーシュ」
ルルーシュ「何だ?」
スバル「ホントに、このままブリタニアと戦うの?」
ルルーシュ「…いきなり何を言い出すんだ、お前は」
スバル「だって…ルルーシュにはナナちゃんも生徒会の友達もいるし、
パッと見ブリタニアを倒さなくても、平和にやっていけてるように見えるし…
…無理に戦って、それこそホントに歪んじゃったら嫌だな、って…」
ルルーシュ「…俺はもう、無責任に後戻りができない所まで来ている。
俺はシャーリーの…お前より先に俺の正体を知った、あいつの記憶を奪った。
…それに俺には、父から隠れて、こそこそと生きることはできない」
スバル「…ルルーシュ…
(…あたしの任務は、ロストロギアに準ずる力を持った学生・ルルーシュの監視。
そして、それが悪用された時、全力で阻止することも…そして、ルルーシュがゼロだと分かったことで、あたしはルルーシュを止めなきゃいけなくなっちゃった。
…ゼロを倒してでも…)
ルルーシュ「………」
スバル(…できるのかな…今の話を聞いたあたしに…)

うん、もう少し長くしてクロスSS板に書いた方がよかったかもねorz

91 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 17:16:46 ID:l8+cfj6B
しかもageちまってるしorz

92 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 17:46:07 ID:svZntmty
銀河規模バッドエンド 《イデオン、エヴァ、グレンラガン、ゲッター、デモベ》

【戦闘宙域 超銀河大グレン 艦橋】
超銀河ダイグレンオペ1「補完計画、発動確認。地球が!」
超銀河ダイグレンオペ2「イデオン自壊!周辺の螺旋生命体が還元されていきます!」
リーロン「人類の――螺旋生命の終焉、スパイラルネメシス。
      生き残りの人類は私達大グレン団と……」

【戦闘宙域 超銀河大グレン 艦橋上】
ブータ「天の光は全て敵。アンチスパイラル、ゲッター艦隊、CCD、それら全てが無量大数。
     いや、たった一機で挑んでくる者もいますが」
シモン「関係ない。時空間ごとねじ切ってやる!」

【戦闘宙域 ゲッターエンペラー】
ハチュウ人類オペレーター「超銀河大グレン、我が艦隊の射程内に入ります!」
竜馬「ケッ、こうなったからには容赦しねぇぜシモン……ゲッターエンペラー、チェンジだ!」

【戦闘宙域 クトゥルフ邪神眷属郡】
ナイアルラトホテプ「アハハハハ!やっぱり君達は面白い!
             トラペゾへドロンを砕くことなく、この世界を正しく狂った形にした!今日から君達が“邪神”だよ!」

【戦闘宙域 旧神】
大十字九郎「クソッタレ!シモン、竜馬!こんな後味の悪い終わり方でいいのかよッ!」
アル「九郎……」
九郎「――行くぞアル。こんな後味悪りぃこと、このまま終わらせてたまるかよ……!」

【スパイラルネメシス 中心】

竜馬「チェェェェンジゲッターエンペラーワンッ!」
九郎/アル「「『葬送の花に』誓って――我は世界を紡ぐ者なり――!」」
シモン「グレンラガン、スピンオン!俺を誰だと思ってやがるッ!」

                   《BAD END》

93 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 19:14:29 ID:c9WFjBCk
鋼鉄ジーグをサイボーグクロちゃん第1話風にしてみた
遷次郎「おおーっ目覚めたかサイボーグ宙!」
宙「テメー何人の体勝手に改造してんだよ!」
遷次郎「OH〜!スッバラシイ私の自信作!」
宙「人の話をー」
遷次郎「いつかはお前をサイボーグにしてやろうと狙っていたのだいや!
礼には及ばんよ」
宙「聞けって!」
遷次郎「無駄な足掻きはよせ!お前の内部には銅鐸が埋め込まれているのだ
銅鐸がある限りお前はハニワ幻人全滅まで戦い続け・・・」
宙「これか?さっき耳ほじってたら出てきたぞ!」
宙「なーにがハニワ幻人全滅だバカ!頼みもしないのにこんな体にしやがって!」

94 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 19:20:16 ID:RRuMXKds
相変わらずクソみたいなデモベなのはネタの中に良作が申し訳程度にあるスレだな

95 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 20:02:14 ID:PT3cVFdW
>>94
ここはクソの来て良い場所じゃないから歩いてお帰り

96 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 20:17:35 ID:l8+cfj6B
>>94)と言っているので久しぶりにネタが尽きかけたアンスパネタでも書くか。
スパロボキャラが一切絡まないネタ書いたままで終わりなのもアレだったし

アムロ(CCA)VSアンチスパイラル(グレンラガン)

アムロ「進化の力に溺れて身を滅ぼすほど、俺達人間は愚かじゃない!」
アンスパ「では今までの戦乱はどう片付ける? 螺旋民族は絶えず自らの力に酔い、それをひたすらに振り回す…それが螺旋民族の限界。
そして力の乱用究極こそがスパイラルネメシスなのだ。螺旋民族であり続けながら、それを止めることは可能なのか?」
アムロ「人間は、過去の過ちを反省材料として活かすことができる!
それに俺達は、お前と同じようなことを言った奴と戦い、倒し、人の心の力を証明してきた…
奴を否定したものとして、俺達には俺達の意志を貫き通す責任がある! お前などに屈してたまるか!」
アンスパ「ならば我々にも証明してみるがいい。人の心の力とやらを」


シン(種死)VSアンチスパイラル(グレンラガン)

アンスパ「進化への願望力は宇宙を滅ぼす…君達コーディネーターはそのいい例だと思うがね」
シン「何だと!?」
アンスパ「螺旋の力を上手く引き出せる者達と使いこなせない者達…
そこに起こる対立は、まさしくコーディネーターとナチュラルのそれに等しいものだ。
そしてその過程で生まれた兵器…ジェネシス、レクイエム…過ぎた力は滅びを呼びかねないということさえも君達は証明している。
そんな君達が螺旋の力を手放そうとしないというのはおかしな…」
シン「ああ〜うっさい! 訳の分かんないこと言うなっ!」
アンスパ「何…?」
シン「そんな難しいことは、俺にはどうだっていいんだよ! 能書き垂れたいのならキラ達相手にでも言ってろ!
お前達が、俺の守りたい世界を壊そうとする…俺がお前達と戦う理由はそれで十分だ!」
アンスパ「…フン…馬鹿には何を言っても無駄か」
シン「ああ俺は馬鹿だよ! 馬鹿で結構だ!
小難しい理屈なんていらない…俺は、自分に正直な思いと力で、守るべきものを守ってみせる!」

97 :それも名無しだ:2007/10/07(日) 20:43:35 ID:4Mm6QHBb
ロージェノム「貴様、何枚刃を使っている?」
ヴィガジ「俺は三枚刃だ!」
ロージェノム「わしの五枚刃を使ってみろ」
ヴィガジ「これは?!スムーズに剃れる!貴様!コレをどこで?!」
ロージェノム「わが螺旋城にくればいくらでもくれてやる。どうだ?」
ヴィガジ「………いいだろう、最近三枚刃でも失敗して頭から血を流したことが何度かあったからな。」
ロージェノム「決まりだな」


98 :96:2007/10/07(日) 22:09:09 ID:l8+cfj6B
あかん、今日はやたら誤字脱字が多いな…

正:乱用の究極
誤:乱用究極

正:進化への願望
誤:進化への願望力

携帯で書いて自宅に送ったものをそのまま書くとすぐこれだよ…

99 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 14:46:38 ID:D+EbyrOi
シモン(グレンラガン)VSイルイ(バンプレオリ)

シモン「目を覚ませイルイ! 俺達はアンチスパイラルと戦い、進化の道を勝ち取ってきた…
そんな俺達が、地球にこもってその道を閉ざすなんてことが、許されるとでも思ってるのか!」
イルイ「心配することはありません。地球封印と進化の否定はイコールではない…我々は、地球の中で進化を続ければいいのです」
シモン「………」
ヴィラル「シモン…」
シモン「…やっぱりな。ガンエデン、やっぱりお前とは分かり合えねぇ!
たとえそうだとしても、それはかつてのロージェノムと同じやり口だ!
そんな地球は、かつて俺達がブチ込まれた地下での暮らしとまるっきり同じだ!」
ヨーコ「そうよ! 私達の生きる場所は私達が決める…誰かに押し付けられるものじゃないわ!」
リーロン「それに、まだ見ぬ宇宙の開拓なんて面白い話、私はおいそれとは捨てられないわね」
ギミー「地球は、俺達地球に暮らす生き物全員のものだ!」
ダリー「あなた1人がそこの生き物をどうこうしていい場所じゃないわ!」
ヴィラル「フッ…特に俺にとっては、それは7年もかけて貫いてきた信条なんでな。そう簡単に否定はさせんよ!」
ダヤッカ「カミナ、キタン、ロージェノム…俺達は多くの遺志を背負ってここまで来た!」
ロシウ「今ここで我々が退くのは、戦い続けた勇者達への重大な裏切りだ!」
ニア「私達は絶対に勝つ…地球も、イルイちゃんも救ってみせます!」
シモン「ガンエデン! 俺達はお前をブッ壊す! そしてイルイを返してもらう!」
ガンエデン「無駄なことです。いかに螺旋の力が強大であろうとも、あなた達には私を止めることはできない」
シモン「無駄かどうかは、自分の目で確かめろ!
…天へ掲げた希望のドリル!」
ヨーコ「貫く未来は無限大!」
ニア「たとえ荒波立とうとも!」
ヴィラル「貫き通すが螺旋道!」
シモン「天元突破! グレンラガン!!
俺を誰だと思ってやがる!!!」

100 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 19:08:07 ID:V6+SUOqI
>>99
綺麗に決まってるし格好良いんだが、せめてアークグレンラガンにしておかねぇ?
天元突破だと、地球上で戦うのさえ困難ぽいぞw

101 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 19:10:12 ID:nJLF8+C5
>>99
サイズ差がすげぇwww

102 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 20:28:10 ID:QCtfygYA
アーク→エクセリオンくらい?
超銀河→月と同サイズ
天元突破→銀河よりでかいってレベルじゃねーぞ!

こんなんだよね?

103 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 20:38:08 ID:V6+SUOqI
>>102
超銀河は、大体そのくらい
アークは収容人数が30万人だから、エクセリオンよりほんの少しデカいかもしれない
天元は描写を見る限り銀河サイズだが、戦闘場所がアレなんで意見が分かれる感じ

さて、スレ違いと怒られる前に自重するか

104 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 22:03:38 ID:D+EbyrOi
すまん、最初は無印グレンラガンにする予定だったんだ。
だが「〜合体」ってのがどうしても思いつかなかったんで、天元突破で誤魔化さざるを得なくなって…すまねぇ、これが俺の限界だorz

105 :それも名無しだ:2007/10/08(月) 22:36:27 ID:pKWYcSis
どうでもいい話をグダグダとうるせぇよ

106 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 00:40:51 ID:Vqrejc6x
>>105
            _____
      r'ff77"/////〃〃∠=:、      フ ア ツ ク
.     レ'''‐-!!!-‐::''"::::゙::ヾ:三三l     lニ    l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!    ! U C K
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l          ユ ー
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、       ヽ/
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \      l  O U
.    l.`ニ! ::::: `ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
 _,... -‐1 ! :::::_┐ヽ._    ::::::-リ ミ|   l
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   | ぶち殺すぞ………
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |  ゴミめら……!
   , --、 |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
  l;';';';';';}|.    | \    ./   |     |
.  〉-y'´|   _|   \ /    |_    :|
  /7./ .>'' ´ |   / \     | `''‐<


107 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 01:14:24 ID:mNXcghsp
>>106
三点

108 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 17:25:09 ID:oZQpvSUT
>>107
正確には三点リーダーじゃなく二点リーダーだっけか?

109 :それも名無しだ:2007/10/09(火) 19:35:11 ID:IC8E6oVs
ベガ・オブスキュラ(/0)VSアムロ・レイ(CCA)

ベガ「うわぁ、叔父さん強いねっ」
アムロ(お、叔父さん・・・)
ベガ「でも、その程度じゃ〜僕とフューラーには勝てないけどね」
アムロ「ちぃっ!反応の速さはニュータイプ並か!!・・・だが追い行けない事は無い!!」
ベガ「ははっ、いいね!もっと楽しませてよ、叔父さん!!」
アムロ「叔父さんじゃない!お兄さんだ!!」

叔父さんネタはSDのνガンダムのおじさんから

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)