2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬼姫と100秒を同じ部屋に6回閉じ込めてみた

1 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/02(金) 09:14:02 ID:/A2XSimN0
鬼姫はオートチップを解除するようにきつく注意されたとさ

・前スレ(容量オーバーの予定)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1169360671/

○過去ログ
・初代(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1146584414/
・二代(容量オーバー)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1156274043/
・三代(停止)
 http://game10.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164383055/
・四代(容量オーバー)
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1164713733/

○まとめサイト
 http://f1.aaa.livedoor.jp/~ecole/gfdm573/matome.html

○避難所
 http://mx.minx.jp/gfdm573


○このスレの空気
・絵とか設定は自由。freedom。俺たちは自由だ。
・希望とかありだけど、スルーされても怒らない。泣かない。いじけない。しつこくしない。
・えっちなSSはうpロダに上げてからアドレスだけ貼り、という配慮をお願いします。
・ギタドラ以外はだめじゃないけど控えめに。


○姉妹スレ
・蠍火と嘆きの樹を同じ部屋に11回閉じ込めてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1167047029
・“ポップン曲”を2回閉じこめてみた
 http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1166747323/

2 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/02(金) 09:15:55 ID:RYa9zerlO
2

3 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/02(金) 09:21:55 ID:olV5hLMqO
3

4 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/02(金) 09:22:56 ID:a3Q329ZiO
>>1
乙です。
節分ネタの投下を見越したような移動ですねw

5 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/02(金) 09:25:33 ID:a3Q329ZiO
って前スレのリンクが嘆きスレになってますよー!

6 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/02(金) 09:32:27 ID:/A2XSimN0
やっちまった…orzこっちに脳内変換を…。
http://game11.2ch.net/test/read.cgi/otoge/1167594949/

7 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/02(金) 20:18:33 ID:+s7hqB99O
>>1乙です。
前スレはまだ埋まっていませんが、投下を。
鬼姫「豆如きで退治出来る気でいるとは、舐められたものじゃ」

http://a.p2.ms/mk23n

百秒「どうしよう…緊張して渡せない…」

http://a.p2.ms/6vzf7



8 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/02(金) 21:05:40 ID:IWIxU3850
DD「えーっと、これ言わなくちゃいけねーの?」
DD2「それが礼儀なんだって」
DD6「そうそう」
DD4「じゃあ、改めて。
    >>1乙でした」
DD「>>1乙っと」
DD2「>>1乙でした」
DD3「>>1乙、しっかし、このスレももう6スレか・・・」
DD5「>>1乙です、随分長く続いているね」
DD6「>>1乙! さーて、テレビの続き・・・」
DD7「>>1乙です。
    もう6スレ目かぁ・・・」
DD3「なんだかんだでDD4に彼氏はできるわ、
    DD兄貴に先越されたり、とうとうDD7にも…」
DD5「そうそう、春はいつに来るやら」
DD(その半漁人の面じゃ無理があるんじゃねーのか?)
DD6「全く、僕だっていい顔なのに」
DD3「お前なぁ…」
DD2「そんな事話してたって、ねぇ」
DD4「…一つ言いたいことがあるの。
    他の人から理解を求めようとしたって、
    そう簡単に得られるものじゃないわよ」
DD5(奥が深いな)
DD4「相手を理解して、そこで初めて
    やっと互いに理解しあえるの」
DD3「…つまり、どういうことなんだよ?」
DD4「今の態度じゃムリってこと」
DD3「うるせー」
DD6「このスレに僕達に春が来るかどうか、期待するよ…」

9 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/02(金) 23:48:26 ID:y2i70hLiO
>>7GJ!100secカワユス

〜ささきっさ〜
100sec「>>1乙ね」
タイピ「とうとうこのスレも6スレ目ですか」
ゆら「6回閉じ込められてもまだ一人寝の寂しきにまた衣を濡らす私は…」
落「GOLD収録キターー(゚∀゚)ーーー!!」
コンチェ「GOLDには収録されるけど私の本当の春はいつになったら…」
イスト「僕達の出番増えますよーに」
ボビス「GOLDに収録されますよーに」
100sec「というわけでまたよろしくお願いね。私とデイドリのラブコメ話も大歓迎よ」
落「私とセブン君の話も…」
ゆら・コンチェ「私達の春はー!?」
タイピ「ど、どうしてもっていうなら私とアニュスの話も投下して良いですよ?」
ワイワイキャアキャア






デパチャ「あれ?俺ってば久々にこんな扱い?(´;ω;`)」



10 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/03(土) 00:12:23 ID:1j0t9RkHO
DD2「コンチェ様…やはり私ではダメなのですか…(´;ω;`)」

11 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/03(土) 02:14:32 ID:uygmjwtFO
>>7
GJです、どちらも可愛い…(*´∀`)

ハイツJ-POP

天体「>>1さん乙です」
カルマ「このスレも6スレ目なんだな」
リライト「思ってたよりも長いんだね〜」
グラスカ「この調子で続いて行くと良いわね」
ベイサイド「本当に>>1さん乙です〜☆」

12 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/03(土) 17:31:24 ID:a77JNt1wO
鈴木一家(蒼そ論
正論「>>1さん。お疲れ様です」
そっと「もう6なんだね」
正「6と言う事は、gf6dm7、僕の時代だ…」
蒼白「GFを基準にしてんな。もしかしたら、gf7dm6かも知れないじゃないの」
正「そんな…orz」
そ「そんなことより、かぶり寿司食べよう」
蒼「食べるー」
正「今年は、北北西だよね。それじゃ…」
一同「いただきます」
正(店繁盛しないかな…)
そ(イスト君にチョコ渡せますように…)
蒼(チョコ受け取ってくれる曲が居ますように…)

続く

オチナシ…orz

13 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/03(土) 18:45:42 ID:V1kKFiQ/0
節分ネタにレッツ便乗

【湿り系魔法少女★Ru-Ru-Ruちゃん】

ルルル「鬼はー外ー!」
マイクロ「お、豆まきか?」
ルルル「そうそう!福はー外ー!」
マイクロ「いや、福も追い出してどうする」

マイクロ「だいたい、豆まきは鬼役にぶつけるものだろ」
ルルル「じゃあマイクロ鬼役やって」
マイクロ「言うと思った。絶対やらねー」
ルルル「えー、でもー、豆も魔法も爆弾も、投げる対象がいないと楽しくないぞ」
マイクロ「おい、今爆弾って」
あさき「なら鬼の子合唱団を呼ぼうか」
ルルル「何それ!?呼んで呼んでー!」
あさき「でも後片付けが大変なんだよな・・・・・塩で殲滅させなきゃいけないし」
マイクロ「殲滅っておい。しかも塩で!?」

あさき「というわけで、呼んだんだぜ」
鬼の子「ワーワーキャーキャー」
マイクロ「鬼の子って12人の親父じゃねぇか!」
ルルル「ちっせー」
あさき「さぁ!思う存分投げろ!投げまくれ!」
ルルル「よっしゃー!縷縷縷式闇魔法!鬼に捧げる狂想曲!」
マイクロ「ようするに豆まきだろ」
パラパラパラ
鬼1「イタッ!ナンカアタッタヨ?」
鬼2「豆ダ!ミンナニゲロ〜」
ルルル「鬼はー外ー!」
鬼3「イタイヨー」
マイクロ「なぁルルル…やってて罪悪感とか感じない?」
ルルル「感じない」

>>1

14 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/03(土) 20:28:57 ID:JAGpr0oN0
うへころ荘
ピーーーーーーー
デザロ「おじゃましまーs…って何この惨状!?」
エンクル「おー…デザロ。実は…」

FsW「鬼はーそとー」
ギュン
TS「ううぇあああっ」ピチュン
ヴォイ「ひええええええっ」ピチュン
洟「みぎゃあああああ」ピチュン
侍「福はーうちー」
ギュン
too「だああああ」ピチュン
大「無念!」ピチュン
When「のおおおおおおお!?」
エンクル「なあ二人ともその辺に」
When「てめえ何一人で静観してやがる!これでもくらえ」
エンクル「うわ、やめろ!」
FsW「よーし、残念だがエンクル、お前も投げられろ!」
エンクル「ちょ、まて」
FsW「おにはーうちー」
エンクル「うぐ」
侍「ふくはーうちー」
エンクル「あべしっ」ピチュン

エンクル「…という訳だ」
デザロ「エンクル大丈夫?>>1乙できる?」
エンクル「ああ…大丈夫だ…多分」
デザロ「じゃあやるわよ、>>1さん乙かれさまです」
エンクル「>>1乙d…やっぱ、無理」ピチュン
デザロ「ちょっとエンクルー!?ねえってば!」

15 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/03(土) 21:08:52 ID:IyEkoIw+0
>>9
デパチャ久々の酷い扱いで吹いたw

16 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/03(土) 21:10:12 ID:I7C3lXnpO
桃色カプセル

こた「鬼は鬼姫様以外皆外ー」
ヘリコ「福は七福神様はもちろん皆内っ」
ひと「>>1さんは乙です。お茶どうぞ。つ旦」
こた「節分称号ないらしいね」
ヘリコ「そうなんだ?じゃあやっぱり来週…」
こた「うっ(´;ω;`)うわぁん」
ひと「ど、どうしたんですかみかん姉様!?」
ヘリコ「バレンタインが嫌なの?」
こた「…うん、まぁ。ちょっとこないだあったこと思い出して」
ひと「何があったんですか?宜しければ教え」
こた「気にしないで。…ちょっと仮眠でもとるね」
スッ ピシャリ
ヘリコ「部屋に行っちゃった…」
ひと(一体何があったんでしょうかね…)


こた(はぁ…バレンタインなんて無ければいいものを…
あぁ…つい最近フラレた私には酷な行事だよorz)


さりげなく続く

17 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/03(土) 22:30:56 ID:waG7Zpmn0
ついに完結!
 長かった、正直しんどかった。

「ギタドラ烈火のチャレンジャー
           〜これが出来たら10万円〜」


DD「飲むぞぉぉぉ!」
リースト「代金は(多分)アイツらが工面してくれるぞぉぉ!」
落書き帳(アレやコレやら買うつもりだったのに…)
DD4(自分の立場をわかって言っているセリフね…)
この子「…」


リースト「しっかし、誰だったんだろうね、あの…モッキーとかいう人って」
ゆら「さぁ? 会ったことないですよ」
壁(忘れないで、僕のことを)
コンチェ(みんなわかってるくせに…)
タイピ「誰なの? あの変な外国人みたいなの…」
落書き帳「そうよ、誰なの?」
ゆら(この二人には、少し時間が必要かもしれませんねぇ)


DD「もっと酒持ってこーい!」
DD2「兄さん…DD4のお金だよ?」
DD4「別に買いたいものも無かったから問題ないわ」
DD3「しっかし、何で俺のときにもうちょっとマシなものが来なかったんだ?」
DD7「父さん…」
DD5(まだショック状態か、可哀想に)



カルマ「結局の所、俺らって何の存在だったんだ?」
天体「…さぁ?」
K「どっちにしても、お前らは今後もオトバ厨にボッコボコにされる日々が」
セイリング「続くんだろうな」
NGS「ロング曲だからと思って言いたい放題だね」
リライト「どっちにしても、もう飲もうか」
NGS(時々でいいから、そばかすちゃんのこと、思い出してください…)



18 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/03(土) 22:32:36 ID:waG7Zpmn0
コクピ「…タイピ…」
数の子「姉貴ィ…」
ヴェロ「おっぱい…おっぱい…」
ワンダフル「あー疲れた、しっかし、よくもまぁこんなに騒げるな」
ジョーカー「趣味で経営してた酒場だよ、どうせ選曲されないしな。
    いくらか割引しておくよ、飲めよ」
コクピ「そうだな…」
数の子「ああ…」
ヴェロ「おっぱい…」
万華鏡「ずいぶん湿ってますね」
アクロス「仕方ないだろう」


月光蝶「でも、この子のおかげでなんだかんだで騒げるんだよね?」
この子「そんなこと、ない。
    DD4さんや落書き帳さんのおかげでもある」
螺子「ウヒョヒョーイ」
アニュス「まぁ、それもあるけどさ…」
蛹「ハネハハエマシター?」
蛍「みんなお酒飲んでるね…臭い」
鬼姫「酒は控えてはおるがな」
螺子「酒うめえwwwwwwwwwwww」
月光蝶「え?」
螺子「ワォゥ! ワォゥ!」
月光蝶「気のせいよね、うん」


over there「あーあ、俺も参加したかったなー」
マイクロ「ソフトな電流を流されたいの?」
パプスト「兄さん、ごめんね」
イエパニ「いいよいいよ、気にしないで」
アルケー「…ぎぼちわるい」
FT2「ちょっと!」
FT2M「アルケー姉ちゃん!」
ミラージュ「あーあ、飲みすぎるから…」
デパチャ「ほら、あと少しでトイレだから、もうちょっと我慢して」
アルケー「ごめんなさい、デパチャさん…」


19 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/03(土) 22:36:20 ID:waG7Zpmn0
新聞紙「ねぇー、DD4ちゃーん」
DD4(うわっ、酒臭い)
新聞紙「どーして私には彼氏ができないのよー」
DD4「え?」
新聞紙「DD4にはブラホラ君っていういい彼氏がいるじゃないのよー」
DD4「…ブラホラ君は…友達で…その…」

ブラホラ「orz」
ホワトル「飲もうか、兄さん…」

新聞紙「なんで私には…私には…」
Ring「飲みすぎですってば」
新聞紙「…すー」
偶然「寝ちゃったよ…」
秋風「どうするの?」
Ring「僕が車で送りますよ」
秋風「お前も飲んでなかったか?」
Ring「これでもまだ未成年なんですよ」

偶然「じゃあ、気をつけてな♪」
秋風「任せたぞー♪」
DD4「新聞紙さん、あなたにもいい彼氏さんがいるじゃないの?」

Ring「…背筋が寒いな」
新聞紙「……すー…」


モッキー「HAHAHA,今日は楽しカッタデース!」
中村「俺もやってみたかったよ」
肥塚「いやいや、あれはびっくりしたでございますよ」
あさき「もう飲もうか」
数の子「そうだな…」


泉「モッキーさん、ちょっとちょっと」
モッキー「ハイ! 何ですか大センセーイ?」
泉「…無理はしなくていいんですよ、モッキーさん。
  いや、『佐々木博史』さん」
モッキー?「…」
泉「あの子たちのそばによって、飲んできたらどうです?
  モッキーsasamotoとして」
モッキー?「感謝しますよ、泉大先生」
泉「ほら、さっさと行ってこい!」


20 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/03(土) 22:37:52 ID:waG7Zpmn0
Jimmy「泉さん、これってまさか」
泉「コンマイTVと話をしてね。
  まぁ、手っ取り早く言うなら『グル』かな?」
あさき「な、なんだってー」
TAG「どういうことなんだキバヤシさん!」
泉「誰がキバヤシだ。
  まぁ、DD4には悪いけどあれはちょっと甘い採点方法だし
  この子ちゃんにはすでに手を結んでたからね。
  落書き帳ちゃんは、予想外だったけどね…」
Jimmy「どうするの?
    そのうち他の人にもバレたりするんじゃないの?」
TAG「その時はどうするんだお?」

泉「『酒飲んでて、悪い冗談言ってた』とでも言っておくさ。
  なーに、この世界の大先生だから、俺は」
TAG「キバヤシさん…」

肥塚(佐々木…じゃなかった、モッキーさん、楽しそうでございますね)
中村(ああ、そうだな)



この番組の提供は

気合株式会社
根性学会

の提供でお送りしました        (完)

21 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/04(日) 02:32:02 ID:MfXLKjTD0
遅ればせながら>>1乙です。
あの人氏も長編乙でした。最後までワロタ。

節分?何それおいしいの?って感じで続きを投下。

オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)
前スレ>431からの続き。

ミラージュ「はぁ・・・ちゃんと真面目に話すんで、もう攻撃しないで下さいよ」
カゴノトリ「ごめん・・・さっきはやりすぎたね」
フリフリ「冗談に聞こえないようなこと言う方が悪いんだよ」
ミラージュ「本当に冗談だったんだけどな・・・・。
     確か・・・ケンタ兄さんは自分でも「ストーキングの天才」とか言ってましたね。
     今まで目を付けた子は裁かれるまで付け回すし、本人が気に入るようなこともするとか」
アルケー「気に入るようなことって?」
ミラージュ「えっと・・・、狙っている子の好きなものや欲しいもの調べてを送ったり、
     留守中に部屋に入って掃除や洗濯もするとか言ってたような・・・」
ランジュ「そーいうストーカーならいいなー」
マーマレード「えー!普通に怖いよ!」
カゴノトリ「それで、最近ストーカー行為とかしてるようなこと言ってなかった?」
ミラージュ「最近はしてないそうですよ。「芋曲にも新曲にも好みの子がいない」って言ってたんで」
カゴノトリ「・・・・・ちなみに、ケンタさんの好きな女の子のタイプって?」
ミラージュ「フリフリさんみたいなタイプです。勝気な女性がストーカー行為に怒ってる様を見ると興奮するそうで。
     今回の新曲は性格が大人しい子が多いからつまらないって言ってました」
ポプリ(変態というか物好きというか変な趣味というか・・・・)
カゴノトリ「姉さんされたこととかあったりするの?」
フリフリ「うーん・・・・復活した後にあったようななかったような」
アルケー「じゃあ、私なんかはタイプじゃないですね。よかった・・・・」
ミラージュ「だいじょーぶ!もしアルケーちゃんが兄さんにストーカーされてたら、僕が命がけで止めさせるから!
    まぁ、兄さんの趣味だと今のところなさそうだし、アルケーちゃんは心配しなくていいよ」

カゴノトリ「ということで、ケンタさんもなんか違うみたいだね」
フリフリ「うわぁぁぁ!今になって思い出してきたあの気色悪い行動の数々!!
    あいつだったのかぁぁぁ!!」
ランジュ「思い出しちゃったの!?」
マーマレード「お姉ちゃん忘れて忘れて!!」

(続)

避難所の方に長編の続きをうpしました。
4th&3rdのことあまり知らないので、なんか設定に間違いがあったら是非言ってください。

22 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/04(日) 17:44:18 ID:Df6Gwu150
デスロ「ぐへ」


23 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/04(日) 19:49:40 ID:dEQ6f0DI0
あの人氏お疲れさまでした!楽しくて超GJです

ギタド通り―
エンクル「さーて、用事も済んだし、さっさと帰るか」
どん
エンクル「うわっ」
???「きゃっ」
エンクル「すまねえ。大丈夫か」
???「いたたたた…。いえ、大丈b」
エンクル「…?どーした?」
???「…ああいえ、何でも」
エンクル「?そうか。ゴメンな。それじゃ」
???「…」

Go my way「ねえねえWhenくん」
When「何だよ」
ゴマウェ「今日君にそっくりだけど似ても似つかないかっこいい曲とぶつかっちゃったんだけど」
When「どっちだよ」
ゴマウェ「だから見た目や譜面は君に似てるけど君の数倍かっこいい曲ってことだよ」
When「すげー言い回しがむかつくぞ」
ゴマウェ「ねえねえ、心当たりない?」
When「譜面がそっくり…エンクルのことか?」
ゴマウェ「エンクルさんかあ」
When「あんな奴のどこがいいんだよ」
ゴマウェ「あれー?もしかしてヤキモチ妬いてる?」
When「んなわきゃあるか!俺が好きなのはデザロさんのようなスタイルのいい曲だ!誰がお前みたいなちびっこいの」
ゴマウェ「はいはいわたしもWhenくんに好かれようとか思ってませんから」
When「大体あいつ彼女居るぞ。認めたくはないが」
ゴマウェ「ふふーん。むしろ燃える!よーし、バレンタインは頑張っちゃうぞ!」
When「勝手にしろ」

火種を蒔いてみるテスト

24 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/04(日) 20:00:10 ID:Df6Gwu150
なぁ、お前らのやってること悲しいと思うけど…

25 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/05(月) 02:55:55 ID:9j2kHRq70
さくらんぼ「浮舟さんはバレンタイン誰かにあげるのー?」
浮舟「ばれんたいん?なんだい?それは」
さくら「……」

さくら「ルッキンさんはバレンタインは?」
ルッキン「あぁ、彼から貰う予定よ」
さくら「え!?男から女にチョコを?」
ルッキン「別にチョコでなくてもいいんだけどね。あんたもそう思うでしょ?」
さくら「いや、そういうことじゃ…」

さくら「美麗さんはどうなんですか?」
美麗「私も彼にもらうネ。七夕には私からあげたからそのお返しヨ」
さくら「え?七夕?」
美麗「中国では七夕、バレンタインと同じことするアル」
さくら「へ〜、じゃあホワイトデーいらないんじゃ…」
美麗「七夕とバレンタイン別ネ」
さくら「そりゃそうですけど…」

本当は中国じゃなくて台湾でらしいけどな。

26 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/05(月) 13:34:14 ID:5uAW6rj/O
ヒマワリ「お姉ちゃーん、ご飯まだぁ?」

チカラ「アンタねぇ、ちょっとは自分で作ろうって気しないの?」

ヒマワリ「だってぇ、私が作ると不味いんだもん」

チカラ「あのね…、誰だって初めは下手なのよ。何回も経験して上手くなっていくんだから」

ヒマワリ「初めから上手い曲もいるじゃん。
あさき曲のアニュスとか、マイフレンドさんとかゆらさんとか…」

チカラ「あれは才能ね」

ジャーンジャカジャン(インターホンの音)

チカラ「あら?お客さんかしら。
ちょっとダウン〜見てきて頂戴」

ダウン「は〜い」

キューン(ドアを開ける音)
三毛猫「まいど!宅急便です。
ハンコお願いします」

ダウン「はーい!
お姉ちゃんハンコハンコ〜」

チカラ「はいはい…はい、どうもお世話様でした」

三毛猫「毎度どうも☆」

キュン(ドアが閉まる音)
チカラ「何かしらね〜、あら?弐寺国に居るラブシャインからじゃない」
シナリオ「何々?愛社員お姉ちゃんから?」

☆shining☆「随分大きいね〜、食べ物かな?」

チカラ「どうやらそのようね。あら、手紙だわ。
どれどれ…「拝啓みんなへ
どうもお久しぶりです。私は弐寺国でもうすぐ来るバレンタインに向けてチョコボ作りの真っ最中です。
つまみ食いをついついやっちゃって体重が気になります(苦笑)

こちらの国でお友達になった四天王の方々から色々頂いたので、一人では食べきれませんからお裾分け致します。
食べきれなければご近所にも配って下さいね。それでは。

P.S 気になった曲にはあと一歩の所で猫に彼をかっさられてしまいました」

だって。」

ダウン「なんなのよそれ…」

シナリオ「しかもチョコボ作りって…」



27 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/05(月) 13:53:20 ID:5uAW6rj/O

ベリッ

シナリオ「ぅあ…」

【ワラビモーチ・苦楽迎多などの山】

ヒマワリ「これ、全部食べきったら間違いなくファットボトムガールよね」

ダウン「誰も判らないわよ、それ。にしても多過ぎるわね…」

シナリオ「ねーねー、FT2ちゃん達に少し持って行っていい?」

チカラ「いいわよ。
私もささきっさの方々にお裾分けに行くかしらね」

ヒマワリ「じゃあ私はJimmy曲ん家に持ってく」
ダウン「アンタ…変なのと関わってるのね。
じゃあ私はBRAND NEW LADYさんに持ってくわ」

シャイニング「じゃあ私はポプ国に居る知り合いに配るわ」

チカラ「にしても、まだ大分余るわね。
まったく、配送料も結構高くつくだろうに…」
ヒマワリ「向こう給料良いみたいだから、多分気にならないのよ、きっと」

チカラ「私達も喫茶とかやったら収入良くなるかしらね、っと。
なま物だから今行って来るわね」

ダウン「じゃあ私も」

ヒマワリ「私も〜」

シナリオ「じゃあ私達も行きますか」

シャイニング「そうね、私もポプ国までローラーブレードで1時間45分掛かるから行かないと」

一同「ええっ?!」



28 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/06(火) 01:18:17 ID:8pJTk9/90
うへころ荘
ピーーーーーーーーーッ
When「はいはい今行きますって誰か大体わかるけどな」
ゴマウェ「おじゃましまーす。Whenくん遊びにきたよー(ホントはついでだけど)」
When「…はあ」
ゴマウェ「何よーいきなりため息はないんじゃない?」
エンクル「何だWhen客か?…ってあれ?君…」
ゴマウェ「覚えててくれたんですか!? ゴマウェ感激〜!」
エンクル「はあ…」
ゴマウェ「わたし、Go my wayっていいます。今後ともよろしくお願いします!」
エンクル「俺はEndless cruisingだ。エンクルでいいよ。よろしく」
デザロ「ねえエンクル、どうしたの?」
ゴマウェ「エンクルさん14日は予定ありますか?」
エンクル「え?14日は…ちょっと…」
デザロ「…」
すたすた…
When「あれ?デザロさん?」
エンクル「ったく。すまねえゴマウェちゃん。14は駄目だ!そんじゃ」ダッ
ゴマウェ「あ…まあいいですよ。デートの場所なんてすぐ割り出しますから。Whenくんが」
When「俺かよ!!」

エンクル「おい、何怒ってんだよデザロ」
デザロ「怒ってませんよーだ!ただエンクルが若い子を前に鼻の下のばしてるのみっともないなーって」
エンクル「なんだ、妬いてたのか」
デザロ「妬いてませーん」
ギュッ
デザロ「え!?ちょっと、エンクル?///」
エンクル「バーカ、俺はちゃんとこうやってお前のこと捕まえてるから」
デザロ「…じゃあさっきのは気のせいかなんか?」
エンクル「そ、気のせい。だから心配すんな」
デザロ「…ん///」

大「|ω・)久々にラブラブ全開でござるな」
too「|д`)俺らのこの位置も久しぶりだな…」

29 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/06(火) 01:43:35 ID:sJ000jUX0
みなさま投下乙でございます。

オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)
>>21の続きです。

ジェッ娘「・・・・あ、いたいた!おーいアルケー、エクストラ曲で呼ばれてるよ!」
アルケー「あ、はい。今行きます〜。・・・・あれ?またあの人だ・・・」
カゴノトリ「知ってるの?」
アルケー「はい。よく選曲してくれるプレイヤーさんなんです。たまに連続で選曲されたりするんですが・・・」
フリフリ「まぁ・・・曲に粘着する厨房もよくいるからねぇ」
カゴノトリ「それにしては連続って異常な気が・・・・だってアルケーまだエクストラ曲でしょ?」
ランジュ「案外その人がストーカー犯人だったりしてね!」
マーマレード「あははっ、ありそー」
アルケー「そんなことしない人ですよ。本人だってスコア良くしようとしているみたいですし。
    あ、私そろそろ行ってきますね〜」
カゴノトリ「うん。気をつけてね!・・・・・・でもさ、流石に曲に愛情を持っちゃうプレイヤーはいないんじゃない?」
フリフリ「そこまで行ったら変態としか言いようないね」
カゴノトリ「とりあえずアルケーが帰ってくるまでどうしよう?」
ランジュ「あのさ、今のうちにアルケーの部屋に犯人入ってくるんじゃないかな?」
マーマレード「そうだよね!本人がいない今がチャンスだよ!」
フリフリ「つまり、そこで見張ってれば犯人が来るかもしれないってわけね」
カゴノトリ「じゃ、いったん家に戻ろっか・・・」

――TOMOSUKE曲一家の家。
フリフリ「へー、ここがアルケーの部屋かぁ・・・綺麗に片付いてるじゃん」
カゴノトリ「そりゃぁ姉さんとは違うからね。・・・・部屋を見張るって言っても暇だなぁ・・・」
ランジュ「ねーねー!これストーカーからの手紙じゃない?」
マーマレード「捨ててあったけど、破いてないから読めるよ!」
カゴノトリ「ちょ、何勝手に人の部屋探ってるの!」
フリフリ「どれどれ、ちょっと見せてよ!」

『親愛なるアルケーへ
  もうギタドラには慣れたかな?もうすぐで解禁になるから、いつでも会えるようになるね。
  早くその日が来てプレイするのが楽しみです。きっとアルケーは俺でも容赦しないんだろうなぁ・・・・。
  そういや噂で聞いたけど彼氏ができたそうだな。
  何で教えてくれなかったんだ?ちょっとひどいじゃないか。今度詳しく話を聞かせてもらうよ。
  返事、待ってます』

フリフリ「うわ、うわ、うわーっ!うわーっ!」
カゴノトリ「ね、姉さん!?いくらキモかったとはいえ落ち着いて!」
ランジュ「やだー、いろいろ知ってんじゃんこのストーカー・・・」
マーマレード「なんか馴れ馴れしいし・・・・」
カゴノトリ「・・・・ねぇ、なんかアルケー帰ってくるの遅くない?
     さすがにもう終わってるでしょ?倒されても、帰ってくる体力はあるだろうし・・・・」
フリフリ「そう言われてみれば・・・・あ、デパチャんとこに寄ってるんじゃない?」
ランジュ「それか、他のプレイヤーに選曲されたとか」
カゴノトリ「・・・・・そうじゃない!なんだか、嫌な予感がするの!!」
ダッ・・・・
ポプリ「お姉ちゃんっ!」
フリフリ「アタシらも行くよ!!」

(続)

30 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/06(火) 21:28:22 ID:DjphGBlZ0
バック・トウ・ザ・ファースト 2



電光掲示板から流れる文字。
それは紛れもなく、drummaniaの稼動開始を告げる
文字が流れていった。

どういうことなんだろう。
考えたくない想像ばかりが頭の中を駆け巡る。

駅の近くに売店を見つけた。


ゆら「おばちゃーん、ビーマニ新聞一つ」
 「あいよ」


財布の中から小銭を出して、この稼動開始の頃からあった
ビーマニ新聞を買った。
BEMANIシリーズの情報を多く取り扱うことで有名だ。
新聞の右上の日付欄には、
『99年7月10日』と紛れも無く書かれていた。
そしてその下の見出しには、大きくdrummaniaの稼動開始の
記事が書かれてあった。


本当に、自分はこの時代に来てしまったのだろうか。
そう信じざるを得なくなってしまったような気がした。
自分がいた時代の雑踏は、色があったような気がしたが、
今ここにある雑踏は、モノクロと言うべきような、自らが知っている雑踏とは違った。
独特の匂いというものなのだろうか。




31 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/06(火) 21:31:05 ID:DjphGBlZ0
売店で買った新聞を片手に、いつの間にかベンチに座り込んでいた。

ゆら「信じられないわ・・・」

1999年と言えば、もはやかなり前の話になってしまう。
そんな時代に自分は何故いるのか?
SFの話で偶然にも主人公がタイムスリップしたりする話はあるが
そんなありきたりな話の主人公と同じ目に合うなんて
想像すらしていなかった。

ポケットの携帯電話が反応を示す。
メールが一つ届いていた。
差出人不明、しかし今はどんなことでも少しでも多く知りたかった。
メールに書かれていたのは、たったの二行だった。

『公衆電話で以下の番号を押せ
 852-4862-7945613』

とても不審な番号だ。
こんな電話番号があるかどうかもわからないが
行動を起こさなければ、話は先には進まない。

近くの公衆電話で番号を押す。
トゥルルル、という電話の独特の機械音が数回鳴り、ガチャという音がした。


32 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/06(火) 21:32:11 ID:DjphGBlZ0
 「電話してくれたみたいだね、たまゆらさん」
ゆら「その声・・・まさかあなたは!」

緊張感のある声から一変して、

あさき「そう! みんなのアイドル、あさき君だよー!」
ゆら「・・・・・・電話、きりますよ」
あさき「ま、まままま、待ってってば、冗談だよ!
    このままだと、ゆらさん元の時代に戻れなくなるよ?」
ゆら「!!」

一番気になっていた一言で、真剣に耳を傾けようと決意した。
たとえ冗談だとしても、だ。

あさき「うん、君がその時代にタイムスリップしちゃったのは事実なんだ」
ゆら「ドッキリとでも書かれた看板を持った人が出てくるかと思ったわ」
あさき「でね、こっちの時代ではね。
    君は長期出張ってことで家族に連絡はしてあるし、
    こっちもこっちで原因解明にいそしんでるわけなんだ」
ゆら「それまで、私はどうすればいいんです?」
あさき「今からそっちの時代に適任の人物を送るよ。
    ただし、その方法とかは最重要機密のカタマリみたいなものだから聞かないでね」

公衆電話の緑の受話器がそろそろ重たく感じてきた。
結構長い時間通話していたのだろうか。


33 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/06(火) 21:33:59 ID:DjphGBlZ0
あさき「まず、初めに何個か注意しなくちゃいけないことがある。
    その三か条を伝えるよ。

    一つに、この時代に君がいた記録を残しちゃいけない。
    二つに、君がギタドラの曲だということがバレちゃいけない。
    三つに・・・あ、もう二か条でいいや、うん」
ゆら「ようするに、目立つ行動はするな、っていうことね?」
あさき「That's right!!
    そういうわけだから、しばらくそこから動かないでね。
    
    そうそう、その適任の人物との確認方法も教えておかなくちゃね」


とにかく聞いたことを忘れないようにするので必死だった。
あさき氏の奇妙な発言で言われた内容を忘れてしまいそうだったが、
何とか氏の言うことを覚えきることができた。


一通りの話を聞き終え、電話の受話器をもどして
彼女はベンチへ座っていった。                        (続)

34 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/06(火) 21:56:04 ID:PorKDhEM0
長編予告です。コクピ番外編の続きと考えてください。
つーかなんで恋愛ものの長編しか書けないんだ俺orz

揺らぐ事なき想い No.0 プロローグ


ギタドラ帝国。そこは、コンマイ神のもと多くの曲が暮らす国である。
曲の中には弐寺国やポップン王国などに自由に移動できるものもいるが、
大部分の曲は帝国内で生活を営む、そんな至極平和な国である。…ある一時を除いては。

彼らはミラージュ・レジデンスとMODEL FT2 Miracle Version。付き合い始めてまだ間もない二人である。
そんな彼らは今日二人で市内を歩き回っていた。

FT2ミラクル「久しぶりだね…こうやって二人でいるなんて」
ミラージュ「結構忙しかったからな」
ミラクル「今日は思いっきり羽伸ばしましょ?」
ミラージュ「ああ。好きなだけそばにいてやるさ」

二人は心の底からお互いを大切に思っている。
そして、それがずっと続いていくものだと信じてやまなかった。

…これはギタドラ帝国以外でもあることなのだが、
プレイヤー界でいう「新バージョンのロケテスト」というものがある。
新バージョンの稼動によって帝国内の曲が増えていくのだ。
「ロケテスト」…それはその新バージョンの稼動最終チェックにあたる。
そこでプレイヤーたちは新曲の一部などの情報を知る事になる。
そして…いろいろな理由による…曲の削除も、この段階で知る事になる。
昔は人気が無くなればどんな曲であれど削除されていたので、空気曲にとって恐ろしい行事だった。
だが、最近は人気の無くなった版権曲以外は、削除されていない。
なので、普通の曲たちは、ロケテストと言っても恐れをなす曲はいなくなった。

まさかこの二人の関係が、このロケテストで大きく変わることになるとは…。
今の二人はそんな事知る由もなかった。

No.0 Finish.
V4ロケテのミラクルの行方に構わず続きを書いていきます。

35 :ハイツの人:2007/02/06(火) 22:35:45 ID:MHDiAX7kO
長編が完成致しました(´・ω・`)
あの人氏のような大した作品ではありませんが…

>>あの人氏
長編期待しております(・ω・)

>>34
wktkしますね
長編頑張って下さい(`・ω・´)

36 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/07(水) 01:45:56 ID:GLII8KRwO
皆さん乙ですm(_ _)m
お二方の長編に期待ですw

鈴木一家(蒼そ論
正論「もうすぐバレンタインだね」
そっと「そうね」
蒼白「たいへーん!!」
正「どうしたの蒼白?!」
蒼「私の研究室が…」
そ「蒼白の研究室が?」
蒼「何者かに、荒らされてたの!!」
正「えっ!? 蒼白の研究室を荒らす物好きがいr…」
蒼「兄さん。何か余計な事を言ってない?」
正「ごめん…謝るから、譜面はしまって…」
そ「ところで、どう荒らされたの?」
蒼「私が研究室でいつものようにモテ薬を研究してたら…」
そ(そんな事を、毎日してたんだ…)
蒼「いきなり試験管の割れる音がして、急いで確認しに行ったら、なんと…」
正「なんと?」
蒼「試験管が一本割れてたのよ!」
正「…………ただ、風か何かで落ちただけでは?」
蒼「試験管が割れたのよ?! 試験管一本、また買わなきゃいけないじゃないの!」
そ(そんなケチケチしなくても…)
蒼「それに、足跡が合ったし、曲影も見えたもん」
正「なら誰かの仕業だね。いったいどこの物好k…」
蒼「黙れ!」DM譜面発動
正「アァー!」ピチュン
そ「結局は誰なんだろうね?」
蒼「きっと、私の同期の奴よ」
そ「何故分かる?」
蒼「私と同じ匂いがしたもの」
そ「匂い? そんなあやふやな…」
蒼「絶対捕まえてやる」





?「もう同期とまでは、分かってるのか…」

続く

37 :まとめの人 ◆oni100.88o :2007/02/07(水) 10:47:59 ID:Ioa2wfLpO
今更ですが>>1乙です。

トリップが鬼百仕様に変わりました。
今後ともよろしくお願いします。

38 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/07(水) 20:12:02 ID:GP4NwpiK0
キーワード【 新聞紙 さくら バレンタイン Ring 兄さん アルケー DD 】
鬼姫&百秒「F5」

キーワード【 さくら 新聞紙 DD Ring When アルケー バレンタイン 】
鬼&百「F5!」

キーワード【 アルケー 新聞紙 Ring モッキー DD 兄さん When 】
鬼百「…orz」

NEWSPAPER「ネタにされてないのに名前が出てるよりマシだよ…orz」

DD兄弟「俺たちまとめてカウントされてるよな…orz」

桜「これって私のギタドラ進出の前b」
一同「ねーよww」
桜「(´・ω・`)」

…こりゃ蠍嘆スレよりひでぇなww

39 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/07(水) 21:15:48 ID:IWgfkCYZ0
桃色カプセルの中の者です
バレンタインに向けての長編を書き始めやがりました。
URLを避難所にうpらせて頂きましたので、その報告を。

>>あの人氏
ねこちゃや見た後だったから噴いたww
長編wktkしてます。

>>ミラージュの人
ミラクルは危ないですよね…V4エクストラになるのか?
とにかく期待してますw

>>ハイツの方
GJでした!自分もそんなうまい文書きてえorz

>>38
蠍嘆スレはどうなんd(ry

40 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/07(水) 23:50:37 ID:54mt7IRUO
>桃カプの方
いえいえ、俺はまだまだ未熟者ですよ(´・ω・`)
長編期待してます


ハイツJ-POP

ベイサイド「ねぇ、バレンタインのチョコどうする?」
アンダンテ「天体君達には確実にあげるかなぁ」
さくらんぼ「天体君はシナリオさんが居るぉ」
ベイサイド「本人達は否定してるけど、絶対にあの二人出来てるよね…」
アンダンテ「あんまり言うとシナリオさんに怒られるけどね(´・ω・`)」

リライト「もうすぐバレンタインなんだね」
N.G.S「まぁ、俺達にはあんまり関係無いがなw」
天体&カルマ「だよな〜」
K&セイリング「ねーよwwww」
天体&カルマ「どう言う意味だ?」
K(馬鹿だ…)
セイリング(鈍すぎ…('A`))


ZENITH「だいぶ前にカルマ君にお世話になったのに…全然お礼が言えて無いなぁ…」
エスケプ「この機会に告っちゃいなよ♪」
ZENITH「え…な…何を…言って…」
エスケプ「顔に出てるよ〜♪ カルマ君に惚れてるんでしょ?」
ZENITH「そ…そんな事無いですっ!!」
―赤O滝SRAN+HZD発動
エスケプ「ちょっと〜!!SRANは止めてー!!Sけてー!!」ピチュン
ウィーアー「|ω・`) バレバレなのよ…」

41 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/08(木) 00:08:55 ID:tgNydWl90
長編ラッシュですね。皆様投下乙です。
>まとめの人
トリップすげぇwwww
こちらこそよろしくお願いします。
>ハイツの人
長編乙でした。まったりした感じがよかったです。

オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)
>>29の続き

アルケー「やっ、やめてくださいって言ってるじゃないですか!はなして下さい!」
プレイヤー「うるせぇ!いいから来い!」
アルケー「やだっ、誰か!助けてっ!!」
カゴノトリ「アルケー!どうしたの!・・・・!!」
アルケー「カゴノトリ姉さま!それに、フリフリ姉さまにポプリ姉さまたちも・・・!」
プレイヤー「お、お前らは一体何者だ!」
ランジュ「君たちプレイヤーが言うところの天使です!」
マーマレード「ちょっぴり危険なワイルドガールです!」
フリフリ「心は乙女のクールガールです」
カゴノトリ「どっかでみたような自己アピールはいいからアルケーを助けるよ!」
プレイヤー「俺はアルケーに用があるんだ!
     ・・・・なんか見たことあると思ったら、お前らもTOMOSUKE曲じゃないか。
     姉妹なら、俺に付いてくるように言ってくれないか?」
フリフリ「うるさいストーカーが!お前なんかに指図される覚えはない!
    アルケー、さっき言ってた粘着厨ってこいつ?」
アルケー「ね、ね・・・んちゃ・・・?よくわかりませんが、この人はさっき話してた人です!」
ランジュ「やっぱコイツがストーカーだったんだ!」
マーマレード「えー、曲にストーカーとかやっぱ変態・・・」
プレイヤー「は?ストーカーって何のことだ?
     ともかく、大事な用があってこいつを連れ出さなきゃ行けないんだ!
     どうしても従わないなら、お前らを倒して、アルケーを連れて行くだけだよ!」
フリフリ「はっ!そっちがその気ならアタシだって・・・・・え?」
スッ・・・
カゴノトリ「・・・・倒せるものなら、倒してみなさい。私一人で決着を付けるよ・・・。
    (もう一人の私よ・・・力を貸して・・・)」
ランジュ「お姉ちゃん!一人でなんて無茶言わないで!」
マーマレード「そうだよ!もし倒されたら・・・・」
カゴノトリ「・・・大丈夫よ。絶対に倒せない方法があるもの・・・」
アルケー「カゴノトリ・・・姉さま・・・?・・・・・なんだか・・・違う人みたい・・・」
プレイヤー「なんだ?雰囲気で押す気か?無理無理!んなもん・・・」
カゴノトリ「・・・・闇に惑いし哀れな影よ」
フリフリ「・・・・!あれは・・・」
カゴノトリ「・・・人を傷つけ貶めて・・・・罪に溺れし業の魂・・・」
ポプリ「な、何?あのカゴノトリお姉ちゃん??」
フリフリ「あれは・・・同じカゴノトリでも、「弐式」という名のカゴノトリだよ」
弐式「・・・・イッペン、死ンデミル?」
―二重階段譜面―
プレイヤー「ちょっ!卑怯だ!俺UDXやってないのにぃぃぃぃ!!」ガシャンッ

(続)

つ、ついでに自分も長編の続きを避難所にうpしました・・・。
もしもスレに投下してたら容量オーバーしそうな長さです。

42 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/08(木) 02:55:43 ID:sVsaS7k30
自分も長編とまではいかないけど長いの書いた
クリスマスのようなレスの大量消費はしないように後でうpろだで上げときます

バレンタインに向けて
柴田百貨店
サンドラ「さて!バレンタインですよ!」
ドリアゲ「チョコ売れるな!ここで一気に売り上げのばそうぜ」
真実「…なーなー?」
サンドラ「ん?どうしました?真実」
真実「客が来るんは多分14日より前やろ?」
伝説「そりゃそうだろう。14日にはもう売り切れて」
真実「ワイらん中で14日デート行く奴おらんの?仕事少しは減るんじゃ」
ドリアゲ「…仕事だよバーロー('A`)」
サンドラ「そんな相手がいたらどんなに世の中ハッピーか('A`)」
伝説「チクショー!」
真実「…なんかいろいろすまんかった。みんなで頑張りましょ」

うへころ荘
FsW「さーて、いい具合に熟成されたかな、と」
侍「それは何ですか?」
FsW「ああ、一ヶ月前作ったO JIYAのエキス。チョコの材料にするんだよ」
侍「ちょこ…ですか。私作ったことがありませんわ」
FsW「それはいざとなった時に困るな。よし、今年は俺がお前に教えながら作ってやる」
侍「ありがとうございます!ファンキー姉様」
FsW「いつか来る時のために乙女にチョコの作り方は必須だぜ」
too「…ファンキーはいつになったら本命チョコを作る気だ?」
ブチィッ
FsW「誰のせいであーなったと思ってやがるー!!!!」連バス発動
too「まだAXISのこと根に持ってべろりんがっ」ピチュン

エンクル「じゃあ集合時間は」
デザロ『14日の11時に』
エンクル「MAGICAL JET TOUR前っつー事で」
デザロ『おいしいチョコ作って持ってくからね』
エンクル「おう!期待してるぜ。じゃあまたな」
デザロ『うん、またね』
ガチャッツーツーツー
When(なるほど、早速ゴマウェの奴に報告しとくか)
エンクル「お、When。今度の14日」
When「な、なんだよ」
エンクル「デートの邪魔したら姉貴の作りすぎたチョコの処理はお前がやれよ」
When「罰にする程多いのかよ!」

43 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/08(木) 10:55:06 ID:9AX2uUBzO
ハイツの方
長編御苦労様ですm(_ _)m
シナリオをもっとさわって欲しかったですw

ふなきっさの方
長編ぅp御苦労様です。
もう少しで完結ですね。頑張ってください(密かに使って頂きありがとうございますm(_ _)m
その時の様子を投下。

鈴木一家(蒼そ論
正論「♪〜」

蒼白「何で兄さんは、あんなに楽しそうなの?」
そっと「今日は、客が5曲もいるからじゃないの?」
蒼「確かに…5曲が今までで最高って店もどうだかね…」
そ「まぁ、本人が喜んでるんだから気にしないの」
蒼「それにしても…」
正「NaNaNaさん。おまちどおさま」
ナナナ「ありがとう」
そ「今店に居る曲逹は、ナナナさん、ジャイアントさん、ジェッ娘ちゃん、スージー君、ロックンロールさんの5曲だもんね」
蒼「随分、マイナーな曲ばかり来る店ね」
そ「人気があるのは、ジェッ娘ちゃんぐらいかしら」
蒼「私達も、稼ぎ以外でやっt…」
そ「それは言わない御約束」
蒼「そうだったね。それじゃ、私は店手伝ってくるよ」
そ「珍しいわね」
蒼「私は今暇だしね」
そ「そう。じゃ頑張ってね。私は14日の為の買い出しにいってくるね」
蒼「私の分も頼んだ」
そ「分かったよ」







スージー&ロックンロール「俺達の出番は?!」

続く

44 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/08(木) 22:21:39 ID:fVt6AuZx0
揺らぐ事なき想い No.1 変わらぬ日常


ここはDD家の前。あたりはすっかり暗くなっている。

ミラクル「今日は楽しかったね」
ミラージュ「そう言ってくれると俺も嬉しいよ」
ミラクル「また明日から仕事だけど、頑張ろうね」
ミラージュ「ああ。じゃ、おやすみ」
ミラクル「うん。おやすみ」

二人はキスを交わしてそれぞれの家に戻っていった。

DD家…そこはMutsuhiko Izumiの子供たちの暮らす家である。
兄弟は10人。DAY DREAMからMODEL DD7までのデイドリ7兄弟と、
Faily TalesとMODEL FT2、そしてミラクルの3姉妹がいる。

ミラクル「ただいま」
DD4「おかえり。どうだった?久しぶりのデート」

奥からやってきたのはDD4。DD兄弟内唯一の女性だ。
後からフェアリーとDD3もやってきた。

ミラクル「うん、楽しかったよ。やっぱ彼と一緒にいると嬉しくって」
フェアリー「…幸せ者ね。羨ましいわ」
DD3「ほら、玄関は冷えるから早く上がって」
ミラクル「はぁーい」

居間には他の兄弟たちが食事を終えて話をしていた。

DD6「困るな、DM赤これ以上下げられちゃな…」
DD5「それは無いだろ。少なくとも俺と同程度かそれ以上なんだから」
FT2「私も上がるといいなぁ…」
DD2「FT2は詐欺って言われてるしな…。でも上がったって結構苦労するんだぞ?」
DD「まあ俺には関係ない話だな…赤譜面が下がる事はなさそうだし」
DD7「僕はこれ以上下げられたらDD家として恥ずかしい…」
DD5「気にすんなよ。レベルが高いだけがDD家じゃないんだからさ」

ミラクル「…みんな何の話をしてるの?」
DD4「そういえばミラクルはまだ知らないんだったわね」
DD3「来月にV4のロケテストがあるんだ」

DD3とDD4はロケテストについて簡単に説明した。
新曲のこと、新システムのこと、そしてレベル改変のことも。

フェアリー「私はV3になってレベルを大幅に落とされちゃってね…。ちょっと嫌な行事なのよね」
DD4「今度こそ私もDM赤99になりたいわね」
DD3「俺は上がる事無いだろうなぁ…。今でも稼ぎだし」
ミラクル「私の赤B上がるかな?…でもDM赤下がりそうかも…」

そうはいってもやっぱりミラクルはそのロケテストを何となく楽しみにしていた。
新しい兄弟が増えるといいな…そう思ってたからだろうか。

このロケテストが終わったあと、彼女の頭の中に、その気持ちは残っていなかった。
…それよりももっと大変な事が起きてしまったからだ。

No.1 finish.

45 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/08(木) 22:22:20 ID:fVt6AuZx0
連レス失礼。改行規制食らっちまったorz
>>ハイツの方
乙です。あんなまったりしたのもいいですね。
天体とシナリオ、カルマとゼニスにも期待してますよww

>>桃カプの方
乙です。ほろ苦きバレンタイン、ですね。
続き期待してます。ってか毎日書けるのが羨ましいorz
あと>>16でお茶ありがとうございました。亀レスでスマソorz

>>オレンジラウンジの方
乙です。いっぺんに二つのストーリーを書くなんて脱帽ですww
俺なんて一つ長編書くのに精一杯orz

46 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/08(木) 22:55:22 ID:Xl/AyH2JO
>>45
感想どもです
俺はまったり物しか書けませんよ(´・ω・`)
その二組は今の所くっつける予定はありません、ラブコメ書けないのでw



ハイツJ-POP

リライト「う〜ん…どうしようかなぁ?」
天体「どうした?ずっと考え込んで」
リライト「今日の晩御飯どうしようかな?と思ってね(´・ω・`)」
天体「参考までに言うと、俺ん家は海鮮塩焼きそばと和風サラダにする予定だ」
リライト「へぇ〜、和風サラダ頂こうかなぁ」

グラスカ「あら、面白そうな話じゃない?」
天体「おぅ、今日の晩飯の話をだな…」
グラスカ「そうねぇ…今日はカルボナーラと…白身魚の香草焼きで行こうかしら?」
天体「意外と食べるんだな」
グラスカ「私こう見えても結構大食いよ?」
リライト「僕と兄さんは少食だから、あんまり沢山は要らないんだよね」
グラスカ「フフッ…見た目通りなのね」
天体「まぁ、確かになw」
リライト「む〜…」
グラスカ「それはそうと、スーパーに行くんでしょ?一緒に行きましょうよ」
天体「だな、早くしねぇと弟達に怒られるw」
リライト「兄さんが待ってるから早くしなきゃ」
グラスカ「ベーコンと卵安くなってたかしら…」





自分で書いてて腹減って来たw

47 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/08(木) 23:54:06 ID:zckdSgVaO
皆様乙です。

〜ささきっさ〜

コンチェ「デパチャ君、何かアルケーちゃんがストーカーに襲われたらしいよ」
デパチャ「本当か!?でもあいつそんなこと全然…」
ゆら「アルケーさんのことですからきっと『デパチャさんに心配かけるわけにはいきません』と思って言えなかったんでしょうねえ…」
デパチャ「そういうのはちゃんと言って欲しいんだが…」
落「そういうのは表情から読み取らなくちゃダメだよ?」
デパチャ「そうか…今度から気をつけよう…それでアルケーは大丈夫なのか!?」
コンチェ「うん。カゴノトリちゃんが弐式譜面で撃退したって」
デパチャ「良かった…」
百「私達もストーカーには気をつけないとね」
一同「(;゚Д゚)え!?」
百「な、何よ!?」
タイピ「百姉さん…百姉さんに粘着するのなんて発狂までは完璧に繋ぐ赤ネぐらいですよ…」
コンチェ「まぁもしもの時は私の赤OP+弐寺譜面で優しく駆除してあげるけどね」
百「それなら私はポップ君の階段と矢印を降らせてあげるわよ」
落「うぐぅ…私だってポップンで芋2ndが解禁されれば…」
タイピ「いいからさっさと私を弐寺に移植しろです!」
ゆら「私はどこに行けば良いのでしょうか…」
百「まぁ私には最強の彼氏がいるから良いけどね」
デイドリ「呼んだか?」
百「ええ。今みんなで他国への移植の話をしてたの」
一同(え!?そっち!?)
デイドリ「ふむ…俺も弐寺国には興味あるな。もう一度冥と手合わせ願いたいものだ」
百「いや、貴方が弐寺に移植されたら…」
〜金閣寺稼働日〜
トーマス「ワンモアエクストラステイジ!」
プレイヤー「ちょwwwwワンモアデイドリかよwww」
デイドリ「デケデケデンデデッデデッデッデッ!ハッ(゜Д゜)彡」
プレイヤー「だから16分の連皿とか無R」
ガシャーン
百「なんてことになるわよ!?」
コンチェ「シンバルが皿にアサインされればそうなるね」
落「でも…」
(・ω・)つ【オートスクラッチ】
一同「ああ…(-д-;)」
デイドリ「な、何だよその哀れみの表情は!?」
百「ま、貴方のそんな所も好きなんだけどね」
デイドリ「100sec…」
ゆら「で、結局のろけオチということでよろしいですか?」
落「良いんじゃない?もうすぐバレンタインだし」
タイピ(そういえば…アニュスにどんなチョコを送れば良いですかね?)
コンチェ・ゆら(私達は誰にチョコをあげれば良いんだろう…)

オチ無しorz

48 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/09(金) 01:24:32 ID:Id7RLUZYO
>>47
DD2「コンチェ様ー!私のこと忘れてませんよね!?(´;ω;`)」

49 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/09(金) 10:32:05 ID:poHqCHl8O
投下ラッシュで嬉しい限りです。

落書き帳を描いてみました。
http://p2.ms/w2ev4


50 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/09(金) 15:16:50 ID:DnRjLFoVO
〜ささきっさ〜

コンチェ「>>48や、やだなぁDD2、忘れるわけ無いじゃない(そういえばあげる予定は無いけど貰う予定はあるんだったorz)」
DD2「良かったぁ…私もコンチェ様の為に心をこめて作らせていただきますね」
コンチェ「あ―…その…あんまり気合いいれられても…」
DD2「そういうわけにはいきません!あ、コンチェ様、私はコンチェ様の気持ちがこもっていればどんなチョコでもかまいませんので」
コンチェ「あー…うん」
DD2「それでは失礼します」
バタン
コンチェ「はぁ…あげないと何されるかわかんないからなぁ…」
タイピ「ていうか蒼姉さん、前から思ってたんですけど、DD2につきまとわれるのが嫌ならハッキリ『嫌だ』って言えば良いんじゃないですか?」
落「確かにそうだよね。ギターもドラムもコンちゃんの方がレベル高いんだから赤OP発狂でも一発ブチ込んじゃえば良いのに」
ゆら「落書き帳さん、表現が卑猥です」
コンチェ「いや…何かDD2にはレベルだけじゃない威圧感があるっていうか…」
100sec「確かにあの白昼夢達には妙な威圧感があるわよね」
コンチェ「それに…」
タイピ「それに何です?」
コンチェ「私を守ってくれてたDD2にヒドいことしたら、またDD2が削除されちゃうような気がして…あの時DD2が削除されたのも…私が何の考えも無しに『DD2なんて削除されちゃえば良いのに』って言っちゃったからな気がして…」
落「コンちゃん…やっぱり本当はツーちゃんのこと…」
コンチェ「べ、別にそういうわけじゃ…ただDD2のことが好きなプレイヤーもいるだろうから…また削除されたらそのプレイヤーさん達が悲しむでしょ!?別に私はDD2が削除されたって…」
パーン!
コンチェ「お姉ちゃん…」
百「冗談でもそういうことは言わないの。大切なものは無くなってから気付くものなんだから…大切にしなきゃダメよ?」
一同(そういえばデイドリさんもVまで削除されてたんだっけ…)
コンチェ「お姉ちゃん…ごめん…って、何か変な話になってない!?」
百「あら、話をそういう方向に持ってったのは貴方よ?」
落「あー、やっぱり本命チョコは手作りだよねぇ。デパチャく〜ん、作り方教えてぇ?」
コンチェ「ん?手作り?…そうか!」
タイピ「どうしたですか蒼姉さん?」
コンチェ「んっふっふ…これならDD2も…」

というわけで14日になったらまた投下しますね。

51 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/09(金) 18:19:15 ID:QtxQsV5uO
age

52 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/09(金) 19:04:24 ID:WsA3qmdwO
皆様投下御苦労様ですm(_ _)m
自分のより 遥かに文才がある方ばかりで羨ましい今日この頃です(ぁ

>>36の続きです
鈴木一家(蒼そ論
蒼白「試験管買いにいってくる」
そっと「気をつけてね」
正論「くれぐれも、研究室にはいる物s…」
蒼「だ ま れ」
正「はい…」
蒼「じゃぁいってくるね」

〜柴田百貨店にて〜
ドリアゲ「ありがとうございました(出番これだけ?)」
蒼「お釣りはいいからじゃぁね」

〜帰り道〜
蒼「遅くなっちゃったなぁ…」
?「………」
蒼(後ろに誰かいる?)
?「………」
蒼「誰?!」
誰「僕だy…」
?「じゃますんな!」
誰「ギャァー」ピチュン
蒼「貴方は、空気で、詐欺で、変態一家のjoker?!」
ジョーカー「凄い言われようだな…」
蒼「何よ?! 私の後ろをつけてきた癖に…もしかして、この前研究室に不法侵入したのも?」
ジョーカー「俺だけど…」
蒼「試験管分の金かえせ!」
ジョーカー「ちょww 普通違うとこ突っ込まねぇか?」
蒼「五月蝿い!」
ジョーカー「八つ当たりかよ! でも、負けねぇよ」
蒼「えっ?!効かない…」
ジョーカー「ちゃんと、可愛がってやるから」
蒼「やめて…変態…誰か助けて!」
ジョーカー「誰もこねぇよ。じゃぁこれで…」
?「まて!」
ジョーカー「てめぇは?」
?「悪いが変態には消えてもらうよ?」
ジョーカー「こんな…らめぇ…」ピチュン
?「蒼白。大丈夫?」
蒼「…あぁ…うん…」
?「泣かなくていいからね」
蒼「うん…」パタン
?「あれ?寝ちゃったや。疲れたのかな?」

続く

ジョーカー。悪役にしてすまん(-人-)

53 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/09(金) 19:20:27 ID:2IXAtb+R0
>>47
GJだがワンモアの声はDJ YOSHITAKAにして欲しかった…

54 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/09(金) 20:30:01 ID:k+HD0beo0
オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)
>>41の続き。

フリフリ「アルケー!今のうちにこっちに!」
アルケー「は、はい!!」
フリフリ「・・・・いやー、それにしても久しぶりに会ったね。弐式」
弐式「・・・・そうね。カゴノトリがまさか私を頼るなんて思わなかったけれど」
ランジュ「フリフリお姉ちゃん、弐式・・・さんと知り合いなの?」
マーマレード「ていうか!何でそんな親しいの!?私初対面なのに!」
フリフリ「あはは、何で知ってるのかって、それは・・・」
弐式「(まさか、姉様の料理のせいで貴方達が気絶してる間に知り合ったとは言えないわよね・・・)
    ・・・・そろそろカゴノトリに体を返さないとね。
    こっちの世界で長く居ちゃいけないのよ・・・・詳しいことはカゴノトリから聞いてね。
    ・・・それから、アルケーとポプリ姉妹?」
ポプリ「な、何?弐式さん」
弐式「私のことも姉呼ばわりしてくれていいのよ。同じオレンジラウンジ曲なのだし。
    ・・・あぁ・・・でも私の方が妹に属するのかしら・・・・?
    ・・・・次は、もっと話しましょうね・・・・さようなら」
ランジュ「なんか・・・お姉ちゃんと同じようで違う人だなぁ・・・」
カゴノトリ「・・・ん・・・そうだ、話してる場合じゃないよ!ストーカーは!?」
ランジュ「大丈夫だよ!まだのびてるみたい」
マーマレード「こいつには詳しい事情聴収しなきゃね〜」

プレイヤー「だから!俺はストーカーなんかしてねーっつーの!
     何で曲なんかに欲情しなきゃいけないんだよ!」
フリフリ「じゃあなんでさっきアルケーを無理やり連れ去ろうとしたの!変態っていう証拠十分じゃん」
プレイヤー「それは・・・・・曲の解析だよ!」
5人「解析!?」
プレイヤー「曲をネットとかにうpしてサントラより早く聞けるようにしたり、クリップを見たりするんだよ。
     たまにこの辺を勝手に隠し曲がうろついたりしてるから、よく解析されるんだ。
     で、俺もアルケーの解析しようとしたから、ちょっと付いてきてもらって帰すつもりだったのに・・・・」
カゴノトリ「でも、それは違法というか・・・」
マーマレード「そんなことしたらプレイヤーの楽しみ奪っちゃうじゃん!」
アルケー「そうですよ。それに、私たち音ゲー曲は、聞くためにいるのではなく、
    プレイしてもらうためにいるので、そうやって無理やり解析されたら悲しいです・・・・」
ランジュ「アルケー良いこと言うね!そうそう!プレイしてなんぼのうちらだよ!」
プレイヤー「・・・・・そうだよな。俺も悪かったよ・・・また挑戦させてくれよな!アルケー!」
アルケー「はい!私も待ってますよ!」

(続)

感想下さった方々どうもです。
今日中には長編続きを避難所にあげられたらいいなぁ・・・。

55 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/09(金) 21:17:18 ID:IcSPDYcQ0
皆さん乙です、いえそれよりもっと大きな賞賛を送りたいです。
桃色カプセルを書いているものです。続き一話うpらせて頂きました。
なんていうか今日の話の裏話をこっちに書きますよ、という話。(前置きが長い

桃色カプセル=ヘリコ編=

ヘリコ「…あふ…わう…ひとりもみかちゃんも居ないけど私は平気なの♪
  だってだって後5日もすれば…キャw…テレビでもあんなこといってるーww」
………
新聞紙『もうすぐバレンタインですよーw色兄妹の皆さんのご予定は?w』
紫『え、えっ、ちょ、ホワトル兄さん…』
白『隠すな隠すなw恥ずかしがっても答えは隠せないぞwパプストはな…』
紫『わーっ!わっ!!ちょ、ブラホラ兄さん助けて…orz』
黒『ごめん、パプスト……の、ノーコメn』
緑『え?ブラホラおにいちゃんはDD4さんからもらう予定なんでしょ?
  …でwパプストちゃんは確か…w』
紫『ちょ…ライム姉さん…待って、待ってお願い後であさきっさの人にクーポン券もらって来るから』
緑『そんなんいらんもん♪パプストちゃんはねーw誰にもあげないんだよぉw今の聞いた?マイクr』
黒『…そこまでにしろ。ほら見ろパプストが灰に』
紫(´・ω:;.:...
黄『…大丈夫かいパプスト…(どうせ僕は誰からももらえないんだろうな…)』
緑『あちゃちゃwごめんねパプストちゃん♪』
白『んなのん気なこと言ってる場合じゃないだろーが。ほらライムちゃんと謝れ』
緑『ごめんなさい★』
黄『こら!謝るときはきちんと頭を深く下げると教えただろう?』
黒『…ホワトルは最初に言おうとしてなかったっけ』
ギャーギャー
………
ヘリコ「色兄妹さんたちも大変なんだぁ。あれ?…ふたりとも遅いな……腹減った…」


…レス大k(ry
>>ふなきっさの方
長編GJです!続きwktkwktk(・∀・)
しかし同時に二つの話が浮かぶなんて凄い羨ましいですw

>>蒼そ論の方
蒼そ論にお邪魔します。長編で。カレーは何がおすすめでしょう?w

>>ミラージュ×ミラクルの方
毎日他にするべきことを削って(ry
ちょっぴり実話混じりですが期待してくださって嬉しいですw

56 :タイトルが決まらない古川の人:2007/02/09(金) 21:33:39 ID:ADeM8Qz50
フィール「というわけでタイトル案募集中でございます」
スマイル「いつも敬体とはいえ、ございますはおかしい気が・・・」



ハローユー「もうすぐバレンタインデーって街中で騒がれてるよー」
ダンフォ「もうそんな時期ですか・・・」
サムハー「まぁ、うちは家族で作ってそれを交換してるだけだから関係ないけどね」
ストラン「まるでクリスマスよねー」
ユーキャン「つか、今年こそは誰かハズレ作れよ」
スマイル「何期待してるのよ!」
キャプテン「というわけで長らく放置していたくじ引きだが」
ストラン「どういうタイミングよ!」
ゲトレディ「傍観ー」
シュースタ「同じくー」
ダンフォ「ずいぶん気楽そうですね・・・」
フィール「誰も続きなんて期待していないでしょうけども、一応予告しておいたんですから」

57 :タイトルが決まらない古川の人:2007/02/09(金) 21:43:40 ID:ADeM8Qz50
キャプテン「皆クラッカー引いていってburntしたのとしてないのとで組分けるから」
ストラン「ずいぶんと物騒ね」
オーシャン「うるさいの嫌い」
ユーキャン「あ、戻ってたか」
オーシャン「ずいぶん前から。やったあ!また気づかれなかった」
スマイル「どこで喜んでるのよ!」
キャプテン「んじゃ、6人ともクラッカー持ったね」
ハローユー「ダンスさんはー?」
ダンフォ「僕はいいです。足手まといになりそうですし・・・」
ストラン「誰もそんなこといってないでしょ!」
キャプテン「じゃあ一斉に引いてね。いっせーのせっ!」

ポンッ   ポンッ ポンッ

スマイル「・・・ずいぶんと地味ね」

burntした組 ストラン ユーキャン ハローユー サムハー
しなかった組 スマイル オーシャン

ユーキャン「均等じゃないのか?」
キャプテン「ああ、トリオ2組じゃつまんないし」
サムハー「まぁ、別に誰と一緒になっても台本どおりやればいいわけでしょ?本番を」
ストラン「・・・そういえばやる舞台とかはどうすんの?」
フィール「私がワーカーさんに頼んで作ってもらいました」
オーシャン「あんましパッとしないのによくみつけられたね」
スマイル「私たち人のこといえないでしょうが」
フィール「本人も「ジミー一家ってだけで偏見受けるのいやだったから久々に本業やれてうれしい」とおっしゃってました」
ストラン「そんなに大工業やってないんだ・・・」


というわけで全組分のネタ作れたら避難所にアップする予定ですー
やっぱり誰も期待していないでしょうが

58 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/09(金) 22:37:53 ID:WsA3qmdwO
桃色カプセルの方
ご使用予約ありがとうございます。
とりあえず、お勧めは ヤラタムカレーですm(_ _)mw

古川さんの方
楽しみにしてますよ。
古川独壇場ってタイトルはどうですか?(キイテナイ

鈴木一家(蒼そ論
正論「遅いなぁ…」
そっと「兄さん。落ち着いて」
正「だって、まだ帰ってこないんだよ?」
そ「落ち着きなって。蒼白は、家族で一番強いんだし、bpmだって早いから、もうじき帰ってくるよ」
正「そうかな?」
そ「そうだよ」

ケチャ(扉が開く音

蒼白「ただいま…」
正「蒼白?! どうしたの?そんなボロボロで何があったの?!」
蒼「なんでもないよ…今日は疲れたからもう寝るね…」パタン
正「ちょっと?!」
ちょっと「呼んだ?」
正「そっと。蒼白部屋運ぶから、着替えさせといてね」
そ「うん。わかったよ」

〜一段落して〜
正「蒼白。どうしたんだろなぁ…」
そ「とりあえず、何かがあったんだね」
正「何があったんだろね?」
そ「まぁ、大まかな見当はついてるけどね」
正「えっ?! 何?」
そ「まぁ、時期にわかるよ」
正「そう?」
そ「そう。だから早く寝よ?」
正「そうしようか」



ちょっと「私は完全無視ですか?!(´;ω;)」

続く

59 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/10(土) 00:59:01 ID:iuSNLspl0
ゴーイング「・・・さて、そろそろあれが始まる時間だな。テレビつけとくか。
     てゆーか俺もよくあんなgdgdな番組見てられるよな〜・・・・」

パチッ

新聞紙「えー、今日は緊急ニュースのため、
    『MIDNIGHT SPECIAL』の放送は休止とさせていただきます」

ゴーイング「はぁ!?まじかよ!!?なんでだ!!」
新聞紙「それはKONMAIに聞いてください」
ゴーイング「あれ?今キャスターが返事したような・・・」
新聞紙「してません」
ゴーイング「してんじゃねーか!!」

というわけで今週のミドスペはお休みです。すいませんorz

60 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/10(土) 11:38:35 ID:F/F87qIkO
>>ミドスペの人
期待してお待ちしておりますよ(゚∀゚)

バレンタインネタ逝くぜっ!!

ハイツJ-POP

ベイサイド「良しっ!ラッピング完了♪」
さくらんぼ「流石ベイサイドちゃん、可愛らしいぉ☆」
アンダンテ「今日のイベントには、特別に妹も協力してもらうよ」
ゴマウェ「宜しくお願いします〜」
ベイサイド「本当はリr」
さくらんぼ「怒られるから駄目だぉ…」
アンダンテ「ハイハイ、早く行くよ♪皆待ってるんだから」

そして(´・ω・)っ

君とな「ウヒョー!待ってましたwww」
コクピ「テメェ退けやコラ!!」

さくらんぼ「順番は守って欲しいぉ〜」
ベイサイド「押さない押さない、ちゃんと並んでね〜」
ゴマウェ「はゎゎ…」
アンダンテ「ゴマウェ〜落ち着いて〜」

1000t「ウヒョー!緊張してるあの娘テラモエス(*´Д`)」


―デケデケデン デデンデデン ハッ(着うた)
カルマ「ん?ZENITHからだ」
―ピッ
ZENITH「あ…あの、以前はお世話になりました…」
カルマ「お〜、気にすんな気にすんな」
ZENITH「お…お礼が出来て無かったのでギ…ギタドタワー跡地まで来て下さいっ!!(うぅ〜恥ずかしい…)」
カルマ「ん?今からで良いのかな?」
ZENITH「は…はいっ」カルマ「OK、すぐ行くよ」

K「|ω・)おっ、コレは面白そうな展開だな…」
セイリング「|A`)絶対アイツ何の事か分かって無いぞ…」


カルマ「ちょっと迷ったけど、え〜と…この辺かな?」
―タッタッタ
ZENITH「すみません、遅れてしまっ…て ハァハァ」
カルマ「今来た所だから問題ナッシングだ」
ZENITH「あ…あの…コレ…」
カルマ「おっ、バレンタインチョコか〜(´∀`)ありがとう」
ZENITH「(うぅ…恥ずかしいけどっ)あの…カルマ君…私…カルマ君が…す…好きなんです」
カルマ「俺もZENITHちゃん大好きだぜ」
ZENITH「へ…?(も、もしかして…)」
カルマ「同期の皆も先輩の皆も面白い人達で、俺は大好きだよ(´∀`) これからも仲良くやって行こうな〜」
ZENITH「ぇ?…うん…(´・ω・`)」
カルマ「ん?どうかしたのか?」
ZENITH「ううん、何でも無いよ…そこにね、美味しいイタリアンのお店が出来たから一緒に行かない?おごってあげるから…」

61 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/10(土) 11:48:40 ID:F/F87qIkO
カルマ「え?良いのか?サンキュー♪」
ZENITH「(うぅ…カルマ君likeの方で受け取ってるよ…)ホラ、お礼出来て無かったし…」

セイリング「|д゚)死刑だな…」
K「|ω・`)犯罪級の鈍さだな…ありゃ」
エスケプ「|∀`;)ドンマイ…」

リライト「何やってるんだろ?K君達…(´・ω・`)」


シナリオ「ハッピーバレンタイーン♪」
―高速スネア発動
天体「だぁーー!!スネアをばらまくんじゃNeee!!」
シナリオ「ハイッ♪チョコどーぞ」
天体「おっ、サンキューな」
シナリオ「ホワイトデーは3倍返しでw」
天体「ちょwww」
シナリオ「あれ?カルマ君達は?」
天体「さぁ? 丁度昼飯時だ、飯食ってくか?」
シナリオ「喜んで♪」


こんなオチでスマソ

62 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/10(土) 15:48:54 ID:4ZIRMIic0
>>60-61
ZENITHカワイソス

うへころ荘
too「た、大変だーー」
エンクル「ど、どうしたんだよそんなに血相変えて」
too「親父のサイトがリニューアルしてやがる!」
Ω ΩΩ<な、何だってー!?
ヴォイ「…そんなに騒ぐことじゃなくね?」
FsW「あァ…そうだな…」
エンクル「ローカルにしか通じないネタはやめろ」
TS「TOPの絵が格好良過ぎだね」
too「新曲のクリップはきっとこの人が描いてくれるんだな」
エンクル「…ん?新曲?そうかわかったぞ!このTOPのBGMは!」
TS「え?な、なに?」
エンクル「きっとV4の新曲なんだよ!」
Ω ΩΩ<な、何だってー!?

FsW「あァ…そうだな…」
ヴォイ「だからローカルにしか通じないと何度(ry」

オフィシャルのBGMハァハァ

63 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/10(土) 16:59:47 ID:2+oT1Q7eO
あさきの新曲君は出してもいいのかな?
1にも特に書いてはないみたいだけど。

64 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/10(土) 17:04:25 ID:mVU3viKzO
全然歓迎。


65 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/10(土) 17:55:43 ID:2+oT1Q7eO
<Valentain〜if〜>
  〈一曲目〉

蛹「大変たいっへん!
又々私達の兄弟が産まれたよ!!」

鬼姫「ほぅ…、なんと申すのじゃ?」

蛹「確かね〜、「虧兎に告ぐ」って言うの。
女の情念杯を通らないと会えないんだって」

ツミナガラ「ちなみにこの作者はAUTO使えなくて嘆いてるわね」

鬼姫「まったく、情けない事じゃ。
その様なからくりなど使わず、正々堂々と…」

蛍「ま、まあまあ…姫姉や罪子姉は足辛いし」

アニュス「まあ姫、落ち着いて。
それより僕達の新しい兄弟を迎えてあげないと」

鬼姫「うむ、そうじゃな…」

蛹「さっきからそこに居るんだけどね」

一同「(゜Д゜)彡」

虧兎「あの…、こっち見ないで下さい…」

月光蝶「新曲でも返し方判るんだね」

虧兎「ご、ごめんなさい…」

この子「気にするな。
ところで、自己紹介をしてもらえるかな?
まだ君の事をよく知らないのでね」

虧兎「はい…あの、私は…虧t(ry」

びっちゃらびっちゃら
あさき「ゃはぁ!
僕の愛する子供達☆」
蛹「来たな!変態翁!!」

あさき「あはは、それは言い過ぎでないかい?
myドーリィ」

アニュス「父さん、姉さんはお人形ではないですよ」

あさき「おほん。
まあ冗談はさておきだなぁ…」

一同「冗談?!」

この子「(父さんが珍しくまともだ…)」

鬼姫「(父上…とうとう末期症状が…)」



66 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/10(土) 18:18:14 ID:2+oT1Q7eO
  〈二曲目〉

虧兎「ですから、私の名前…」

あさき「待つんだ!
彼を待つんだ!」

赤い鈴「お父さん…それ、僕の歌詞…」

あさき「虧兎の説明は僕がする。
彼女の名は【虧兎に告ぐ】
殆どの者がもうご存知の通り、彼女は女の情念杯の決勝曲である」

螺子「ウ゛ボァァ?!」

あさき「レイヤーはこの子に似た様なものだよ。
これ以上は言えねぇなぁ、げっへっへ」

Ru-Ru-Ru「…キモイ」
あさき「ありがとう。
実に甘美な響きだw」

蛹「まあ大体わかったわ。ありがと、パパ。
これからよろしくね、虧兎ちゃん!」

あさき「それはまだ駄目だよ」

虧兎「きゃーっ!!」

Micro fin「虧兎!」

あさき「虧兎はまだ一般解禁されていない。
君達と一緒に暮らすにはまだしばらく掛かる。僕は虧兎を又送り届けなければならないんだ。

アデュー♪」

りぃんりりぃん

Micro「なんつー親父だ」

Ru-Ru-Ru「せっかく妹が出来たのに…」

鬼姫「仕方あるまい。
何、そう遠くはあるまいて、それまで我等は為すべき事をすればよい」

アニュス「そうだね、姫は決勝でまた虧兎と会うと思うから、お土産話でも期待して待っていよう」

ツミナガラ「そうね…」

蛹「ねえねえ!バレンタインのチョコ作ろうよ!!」

一同「雰囲気台無し…」

実はタイトルはオチの意味。
バレンタイン話じゃないという罠。

67 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/10(土) 20:19:58 ID:IRGrij1U0
バック・トウ・ザ・ファースト 3



公園のベンチで座ってもう数十分が過ぎた。
あさき氏の言う『適任の人物』がきても
おかしくないはずだが。

ゆら(どうも怪しいわね)

流石に長い時間座り続けていたせいもあったのか
あさき氏に不信感を懐き始めていた。
自分は騙されているんじゃないか、と。

ベンチに座る彼女に、一人の青年が話しかけてきた。
身なりはいかにも現代風な格好で、背丈は彼女よりもやや上か。

 「失礼ですが、山田さんを知ってますか?」
ゆら「いえ、川田さんなら知ってますが…」
 「・・・あなたがたまゆらさんで間違いないですね」

青年と彼女の奇妙な台詞は、互いに本人かどうかを
確認しあう合言葉のようだった。

ゆら「貴方が、あさきさんの言っていた『適任の人物』・・・」
TIMEMACHINE PILOT「はい、TIMEMACHINE PILOTです、よろしく。
          これでも、一応ギタドラの職場にはいたんですよ」

TIMEMACHINE PILOTと名乗った青年は、右手を前に差し出した。
握手のサインと思って、たまゆらはさっと手を出した。


68 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/10(土) 20:20:50 ID:IRGrij1U0
タイムマシン「いろいろあってまだ頭が混乱してるでしょう。
    宿をとってありますから、そこで話しましょう」
ゆら「・・・・・・」

彼の一言に、彼女は眉間にしわを寄せた。
彼は両手をあげ、抵抗しないという独特のポーズをみせた。

タイムマシン「僕も仕事ですからね、変な気はありませんよ」


案内されたのは、安い旅館でも豪華なホテルでもなく
ごく普通のホテルだった。
部屋は落ち着いた色合いの家具などで構成されていて、
ゆっくり休めそうだった。


タイムマシン「今日一日いろいろありましたが、大体の概要はあさきさんから聞きましたね?」
ゆら「はい、この時代では目立った行動はするな、と」


窓際のイスに向かい合うようにして座った。
こうしてみると、彼はどうも奇妙だ、と直感で感じた。
年不相応というのだろうか、どうも子供っぽいように見えるのに
落ち着いた大人の人に見えていた。


タイムマシン「・・・いいですか、たまゆらさん。
    もしもあなたがこの時代にいるという『記録』が残ってしまうと
    後々にとても厄介なことになります」
ゆら「えっと、タイムパラドックス、でしたっけ?
   過去と未来でつじつまがあわなくなってしまうこと…」

タイムマシン「そう、本来ならば、原因が解明するまであなたをこの部屋に
    閉じ込めておくのも考えてましたがね。
    それは人権を無視した行動だ、と即座に思いましたよ」
ゆら「それで、私はこの時代でどうしていればいいんですか? タイムマシンさん」

タイムマシン「その名前では呼ばないでください。
    この時代では、あなたは『玉木 響子』という名前で
    私は『月岡 慶介』という名前になっています」

ゆら「わかりました、『慶介』さん」
タイムマシン「気をつけてくださいよ、『響子』さん」

違う名前で呼ばれることに違和感を感じた。
『慶介』は、ポケットからメモ用紙を取り出して
二人の違う名前の表記を見せた。
かすかながらではあるが、『響子』の名前はたまゆらを若干もじったような感じがした。

69 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/10(土) 20:21:23 ID:IRGrij1U0
タイムマシン「こちらの時代では、原因解明に勤しんでいます、もちろん隠密に。
    因果関係がある以上、原因がわかってしまえば、あなたがここにやってきてしまった
    結果が出ます、それまでは辛抱してください」

ゆら「でも、貴方がこの時代に来ることも戻ることも出来るなら
   私を早く元の時代に戻したほうがいいんじゃないのでしょうか?」

タイムマシン「原因が解明していないので、もしかしたらあなた以外の方が
    全く別の時代に飛ばされてしまうかもしれません」

彼女は少し寂しそうな顔をした。
今、彼女が最も気にしているのは、会っていない家族のことだった。
長期出張と伝えられたが、しばらく会えないことを考えると
家のことが心配だった。


その他の諸注意なども聞いた。
部屋の飲み物は自由にしていいし、クロゼットの中には
原因解明に勤しむ女性スタッフが選んだ服があり、それも使っていいと。
ただし、自分の名前は『玉木 響子』であることを忘れるな、ということは
念入りに伝えられた。



70 :あの人 ◆h99PAc1wKg :2007/02/10(土) 20:22:11 ID:IRGrij1U0
タイムマシン「では、私は元の時代に戻ります」
ゆら「わかりました」
タイムマシン「ほんの数秒でかまいませんから、目を閉じてくださいね。
    見られるとマズいですから・・・」


言われたとおり、すっと目を閉じた。
もういいだろうか、数秒経ってから目蓋を開くと
目の前にいた彼はどこへもいなくなっていた。


ゆら「大丈夫かしら・・・」


窓から見える景色は、人通りや車の行き来を
小さく写している。
その景色さえも、彼女にとっては不安に思えてきた。         (続)

71 :糞スレ撲滅委員 ◆W30WWWWWUw :2007/02/10(土) 22:09:17 ID:x8FKBgmu0
失礼いたします^^

72 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/10(土) 23:14:24 ID:mVU3viKzO
前スレ落ちたっぽいですね

73 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/11(日) 02:19:29 ID:V+GPEqA60
>>65-66
あさきワロタ。GJ。
>古川の人
そこで俺が期待してみるテスト。頑張ってください。

オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)
>>54の続きです。

――オレンジラウンジにて。
フリフリ「・・・・となると、本物のストーカーは誰なの?」
アルケー「別の人だと思います・・・。さっき戦ったときも視線を感じたので・・・」
TOMOSUKE「やぁ、我が娘達よ。元気かーい?」
カゴノトリ「お父様・・・・なんでいきなり?」
TOMO「お父様よりパパって呼べ。
    今日はちゃんと用事があって来たんだ」
ランジュ「いつも用事なしで来てたの?」
TOMO「いつもじゃないさ。
    なんだ?ランジュはパパが来るのが嫌か?」
フリフリ「それはいいから今日は何の用よ?親父」
TOMO「親父じゃない、パパだっつってんだろ。
    今日はアルケーに用があるんだよ。アルケェ〜、なんで手紙出したのに返事くれないんだよ〜!
    パパ心配になって今日来ちゃったじゃないか〜」
アルケー「え?手紙?おと・・・パパからの?見てませんけど・・・・」
TOMO「ちゃんと送ったぞ。オレンジの封筒にウサギのシールを貼った手紙なんだが・・・見てないのか?」
アルケー「オレンジの封筒に・・・・・・・あっ!!」
タタタッ・・・
ガサゴソ
タタタタタ
アルケー「こ、これですか・・・・?」
ランジュ「あっ、それ!ストーカーの手紙じゃ」
アルケー「・・・ランジュ姉さま、なんで知ってるんですか?ちょっと怪しいので、捨てちゃってたのですが・・・」
TOMO「怪しいなんて!ちゃんと名前書いて・・・・あれ?書いてないや。
    パソコン使ったついでに書いたものだから筆跡もわかんないし、こりゃ捨てられてもしょうがないな」
フリフリ「確かにこの馴れ馴れしい文体は親父のだわ・・・」
カゴノトリ「ていうかプレイしなくてもいつでも会えるんじゃ・・・」
TOMO「パパは忙しいから滅多に会えないんだよ・・・今日だって合間を縫って来たんだし。
    とりあえずここで返事の代わりにアルケーと話すよ。ちょっと借りるな。
    ・・・アルケー、まず彼氏って誰だ?なんでパパに話さないんだ。パパは認めないぞ」
アルケー「パパぁ、今度紹介しますってば〜。すっごい良い人なんですよ!」
TOMO「信用できーん!アルケー、その男に騙されたりしてないか?
    乱暴されたりしてないか?男なんて上辺がよくても腹ん中で何考えてるかわからないからな。
    ・・・も、もしかしてあんなことやこんなことをもうしているn」
カゴノトリ「パパ、ちょっと大切な話の途中だったから後で話して」
TOMO「・・・・うん」

(続)

もうしばらくこの話にお付き合いくださいませ。

74 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/11(日) 12:17:53 ID:EXrF+tIiO
久しぶりに来てみたら次スレになってて焦った…
皆さん投下乙です。


コンビニgf/dm 1/2

エルドラ「何かすごい久しぶりな気が…」
アクシズ「言うな。中の人間がリアルでえらく大変だったらしい」
裁き「…シュークリーム1000個も売ってたらしいよ…」
Day's「この店でそれやったらどうなるかな?かな?」
アクシズ「赤字が確定だな…。と、言うかバレンタイン前にそんなことしてる場合じゃないだろ。チョコ売れ、チョコ」
エルドラ「バレンタイン、ねぇ…」
裁き「どうしたの…?」
エルドラ「さっきシフト表見たら、休みだったのが出勤に変わってて」
アクシズ「あ、それ俺がやった」
エルドラ「…何でですか?」
アクシズ「いやー、彼女いない同士仲良く仕事しようぜ」
エルドラ「あんた確かファンキーさんと何かいい感じになってましたよねぇ!?しかも無理矢理休みまで取って!当て付けかこのヤロゥ!!」
アクシズ「…あれっきり何もないんだよねぇ」
エルドラ「…………はい?」
Day's「何かあったの?」
アクシズ「…気付いたら家にいた」
エルドラ(一体何が…)

75 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/11(日) 12:21:07 ID:EXrF+tIiO
2/2

アクシズ「あ゛ー誰かチョコくれないかな」
Day's「また去年みたいにチョコ作ろっか、さーちゃん」
裁き「う、うん」
アクシズ「頼むから店長にだけは作らせんなよ」
エルドラ「そんなに酷いんですか?」
アクシズ「お前、青い煙が出てるチョコ食べれるか?」
エルドラ「…それチョコっていうんですか?」
アクシズ「いや、あれはチョコですらない!」
?「じゃあ、何かしら?」
裁き(あ……)
Day's(うっわぁ…)
エルドラ(…終わったな)
アクシズ「あれはもはや産業廃棄物として認定されても問題はn」
繚乱「一回消えろバカー!!」

━赤ギターSRAN+ハイスピMAX

アクシズ「て、店長!?ちょっ、譜面がみえなぎゃああああぁぁぁぁ」

─ピチュン

エルドラ「相変わらずえげつないな…」
Day's「あははは…。とにかく作ってくるから楽しみにしててね〜」
エルドラ「…ああはなりたく無いんですけど、何か対策ないですか?」
Day's「えっと…とりあえず覚悟しておけばいいんじゃないかな?」
エルドラ(……生きて帰れるのか、俺orz)



と、いう訳でバイト行ってきます…。

76 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/11(日) 12:58:41 ID:xiUxazsQO
職人様乙です。
ファンキー!AXISにチョコ渡すんだああ!

77 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/11(日) 13:19:39 ID:qyxE5aIE0
バレンタインネタに触発されて俺も投下。14日に間に合うかは不明orz
それまでミラージュ&ミラクルは書けないと思います。すみませんorz

落「二人とも何やってるの?」
蒼・タイピ「バレンタインのチョコ作り(です)」
落「えっ?タイピちゃんはともかくコンちゃんはあげる相手いるの?」
蒼「失礼ね、私だってチョコあげる相手の1曲や2曲はいるわよ」
タイピ「それよりも落姉さんはDD7のチョコ作らないんですか?」
百「それなら昨日私と一緒に作ってあるの」
ゆら「で、コンチェさんはやっぱりDD2さんに?」
蒼「それもあるけど…」
落「なんかこれツーちゃんにあげるには綺麗過ぎない?」
百「もしかして本命の人でもできた?」
落「えっ!誰誰?」
蒼「……(ぼそっ)」
一同「えーっ!?」
蒼「ちょっと、何よその反応!?」
落「だって彼レベル低いしh」
蒼「レベル低いって言うなーっ!!」
―穴譜面2重階段+皿
落「きゃああぁぁぁ!」ガシャン
ゆら「ど、どうしたんですかコンチェさん!?」
蒼「彼は…決して弱くなんて無いんだからっ!」
タイピ(蒼姉さん…いくらなんでもカルマ君は決して強いとは…)
百「…これも業なのだろうか」
落(えっ?お姉ちゃん何言ってるの?)
蒼「ちょっ//百お姉ちゃんからかうのは止めてよっ!//」
百「仕方ないわね。ほら、コンチェのチョコ作りの邪魔になるから出るわよ」

ゆら「どうしたんですか100secさん?」
百「コンチェはカルマにチョコをわたそうとなんてしてないのよ」
タイピ「でも蒼姉さんは確かにそう言ってたですよ?」
百「私たちの勘違いよ。コンチェがチョコを渡そうとしてるのは弐寺の『Karma』の方よ」

(続)

P.S.
ゆら「チョコあげる相手がいない私はどうしたら…orz」

78 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/11(日) 23:22:34 ID:hy4i6VZzO
バレンタインももうすぐになってきましたね。

鈴木一家(蒼そ論
蒼白「はぁ…」

正「どうしたんだろ?」
そ「兄さん。そっとしといてあげなよ」
正「なんで?」
そ「蒼白も恋する乙女になったんだし、もうすぐでバレンタインでしょ?」
正「蒼白が? 渡す相手はいるの?」
そ「いるから、あんなになってるのよ」
正「でも、蒼白の料理h…」
蒼「な ん か い っ た ?」
正「いえ…何もいってません…」
そ(地獄耳…)
蒼「そうだ! 兄さん、チョコの作り方教えてよ〜」
正「いいけど誰にあげるの?」
蒼「誰って…そ、そんないいじゃない。わ、私がど、ど、どの曲にあげようと、に、に、兄さん逹には、か、関係ないでしょ?」
そ(そんなに焦らなくても…)
正「そっか。なら、聞かないけど、店が終わってからでいいかな?」
蒼「いいよ」
正「でも、そっとが今から作るらしいし、一緒にやったら?」
蒼「じゃぁそうする。そっと!早くしよ」
そ「わかったよ」

〜2曲が2階に行く〜

正「あの蒼白が、いったい誰に作るんだろなぁ?」

続く


蒼白の相手は未だ未定…(ぁ

79 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 10:50:33 ID:/fSEr3KeO
今更ながら>>25-26の続き

【お裾分け】

デ-ンデンデンデ ウッ!
(インターホン)

ディドリ「はーい、おや?シナリオさんいらっしゃい」
シナリオ「ディドリさん
こんにちは。
あのこれ、弐寺国にいる姉から頂いたんですけど私達には多かったので、お裾分けに来ました」

ディドリ「これはこれは、おーいFT2ー!ミラクルー!シナリオさんが来てるぞー」
FT2&ミラクル「はーい。
あ、シナリオちゃん
いらっしゃーい☆」

シナリオ「こんにちは♪
これ、お裾分けね」

FT2「わーい☆」
ミラクル「これ美味しい
んだよね〜♪
皆で食べよ〜☆」

ディドリ「こら!ちゃんとお礼言いなさい!!
…まったく、すみませんね。礼儀がなってなくて」

シナリオ「いえいえ、あれくらい元気な方がいいですよ」

ディドリ「立ち話もなんだし、上がっていくかい?」

シナリオ「いえ、まだやる事ありますからこれで失礼します」

ディドリ「おう、お姉さん達にもよろしくな」

シナリオ「はい!」



80 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 10:59:51 ID:/fSEr3KeO
【チカラの場合】

チャンカチャンカチャン(インターホン)

チカラ「このインターホン、笑えるのは私だけかしら」

百秒「いらっしゃいませ…あら?
チカラいらっしゃい。
こちらの席へ…」

チカラ「あ、今日はお客として来たんじゃない
のよ。これ、愛社員から送られてきたんだけど、私達だけじゃ食べきれないから持って来たのよ」

百秒「わざわざ
ありがとうね。あ、今デパ茶入れるから座って」

チカラ「そんな、席勿体無いからいいわよ」

百秒「これぐらいいいわよ。ちょっと待っててね」

タイピ「いらっしゃいませです♪チカラさん」

チカラ「あ、タイピちゃんこんにちは」

タイピ「こんなに沢山のお菓子ありがとうです。
私達甘い物が好きですから、幾らあっても足りない位です」

チカラ「あらあらw
でもタイピちゃんはアニュス君によく送って貰ってるんでしょ?

向こうの銘菓とかw」

タイピ「あっ、あんな甲斐性無しがそんな事する訳ないですっ!!///」
落書き「あら?
いつもいつも送られて来る手紙を握り絞めながらお菓子食べてるのは、何処の誰かしらねぇ??」

タイピ「姉さん!!」

チカラ「オアツイ事でw」

アニュス「クシュン!」

コンチェ「あら?
風邪でも引いたの?」

アニュス「いえ、多分タイピちゃんが僕の噂でもしているんだと思います」

コンチェ「オアツイわね〜w」

アニュス「ええ、暑いですよ。お陰様で」

81 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 11:04:12 ID:+FMYv/u80
>>77の続きです。
1/2
蒼「はぁ…」
ケチャ
ゆら「コンチェさん、ちょっといいですか?」
蒼「どうしたのゆらさん?」
ゆら「ちょっと詳しく聞きたくなったんです…Karmaさんにチョコを渡したくなったことについて」
蒼「えっ?…うーん…でもどうして?」
ゆら「私も長年男の人に恵まれないので、なんか…羨ましくって」
蒼「…分かった。ちょっとありきたりな出会い方かもしれないけどね…」

―弐寺国
蒼「はぁ…私にも彼氏できないかなぁ…」
gigadelic「おやおや、どうしたんだそんな暗い顔して」
蒼「あなたには関係ないことよ」
ギガデリ「どうせ自分の恋愛の脈絡がない、ってところなんだろ?
    俺もちょうどそうだから、ちょっとどっか行かないか?」
蒼「ちょっと、離しなさいよ!」
ギガデリ「おっと、これでも☆12なんでね。譜面攻撃は通用しないぜ」
蒼「そんな…っ!」

Karma「これも業なのだろうか!(おい!何やってるんだ!)」
ギガデリ「…誰かと思えばお前か。ちょっと取り込み中なもんでな、後にs」
Karma「(彼女も嫌がってるだろ!その手を離してやれ!)」
バジッ
ギガデリ「…っ!?…ほーう、やってくれるじゃねえか。覚悟はできてんだろうな?」穴DP化(☆12)
Karma「(やれるもんならやってみろ!)」穴DP化(☆12)
蒼「…二人とも止めてっ!!」

―1分後―
Karma「(……ちっ、……なんて強い奴…)」
ギガデリ「俺の譜面をなめるなぁ!!」
蒼(…そうだっ!ギガデリは確か…!)
蒼「……と…る…」
ギガデリ「あ?今なんていった?」
蒼「糞トリルっ!!」
ギガデリ「んなっ!?く…糞トリル言うなあぁぁぁぁぁ!!!!」
蒼「テラノイド超ブスっ!!!!」
ギガデリ「姉ちゃああああぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!!」

蒼「Karmaさん!大丈夫ですか?」
Karma「(…ああ、…なんとか。…にしても、その発想はなかったよ…)」
蒼「ごめんなさい、私がもうちょっと早く気づいてればあなたはこうならずに…」
Karma「(いや、こっちこそ、迷惑かけてすまなかったな…)」

82 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 11:05:07 ID:+FMYv/u80
2/2
―回想終了
蒼「…なんかそれ以来あの人の事が頭から離れなくて…」
ゆら「…素敵な出会いじゃないですか。だからあなたはさっき『強くない』と言う言葉に…」
蒼「うん。…そりゃ、一般的な目でみれば☆12の中ではそうかもしれない。
  でも、私にとっては十分すぎるくらい強かった…」
ゆら「…上手くいくといいですね」

蒼「…残念だけど…上手くはいかないと思うんだ…」
ゆら「…何故ですか?」
蒼「後で知った事だけど、Karmaさん、他に好きな人がいるんだ…」
ゆら「…」
蒼「しかも両想いらしいの…。だから…私は…」
ゆら「…どうするんですか?」
蒼「もちろん、想いは伝えるつもり。できるなら…付き合いたい。
  ただ…ちょっと自信がないだけ…」
ゆら「大丈夫ですよ。…たとえ付き合えなくたって、想いは必ず伝わりますよ」

(続)
ごめんよギガデリこんな使い方しtだから弐寺4級の俺にそんな糞トリルはやめt(ガシャーン

83 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 11:28:46 ID:FQDOHw3sO
音ゲー板の閉じ込めスレは全て糞

早く終了しろよ

84 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 11:53:00 ID:bZ8OUH6QO
>>81-82
続き期待してます。でもDPギガデリに穴譜面は存在しないんだぜ

85 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 13:13:33 ID:qlpAA56D0
>>84
Ω ΩΩ<な、なんだってー!?

灰DPに脳内変換しといてくださいorz
どう見ても事前チェックミスです本当に(ry


86 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 19:52:05 ID:ATiHhADC0
皆様投下乙でございます。

オレンジラウンジ(ふなきっさ開店期間中)
>>73の続きです。

フリフリ「結局あの手紙は馬鹿親父のだったわけで・・・じゃあ部屋荒らされてたのは?」
ジェッ娘「5人とも!ちょっと今いい?
     あのさアルケー、ごめんね!前に部屋散らかしたの!
     あの時合コン行くのに服決まんなくて、アルケーから勝手に借りちゃった!ほんとゴメン!」
アルケー「いえ、いいんですよ・・・・・あれ?じゃあ、部屋が荒れてたのはジェッ娘さんが・・・」
ジェッ娘「そう、アタシがやったんだけど・・・・あ、服はちゃんと洗濯して戻しといたから!」
アルケー「じゃあ、服も戻ってるんですね・・・・」
ランジュ「これでまた一つ問題が消えたね!」
マーマレード「でも、視線のことは?」
カゴノトリ「だよね。それこそストーカーって証だし・・・」
ガタガタッ
明鏡「貴様ッ!我が店の中で何をしているか!」
??「ひっ、誤解です!オ、オレはただ盗撮を・・・」
カゴノトリ「明鏡、どうしたの?」
明鏡「む・・・騒がしくしてすまぬ。
    明らかに怪しい輩おったもので、声をかけてみただけだ」
フリフリ「・・・・にしてはでかい声だったけど」
ミミズ「オレはある奴に頼まれて盗撮してたんだ!それだけなんだ!」
5人「十分怪しいよ」
カゴノトリ「ていうか犯罪じゃない!」
マーマレード「よく堂々と言えるなぁ・・・・」
フリフリ「さてお客さん、ちょっと裏まで来てもらおうか」
ミミズ「は、はい・・・」

――店の裏。
カゴノトリ「それで、何を盗撮してたの?」
ミミズ「へっ、仕事人の魂に誓って言うもんか」
フリフリ「誰が仕事人だ」
ランジュ「うわー、アルケーばっかり撮ってるよ」
マーマレード「本当いろんなとこから撮ってるね」
ミミズ「いやーん!見ないでぇぇ!」
アルケー「デジカメだからすぐ見れるんですね・・・・」
フリフリ「へーぇ・・・アルケーばっかりねぇ・・・・
    大体予想はつくけど、誰に頼まれたわけ?吐かないとアルケーが赤ドラ譜面出すよ」
アルケー「えっ、あ、あの、出しますよ!」
カゴノトリ「いや・・・アルケー、やんなくていいから」
ミミズ「わかったわかった!
    ・・・弟のミラージュだよ。写真手に入れて「今夜これでナニして寝る」って言ってたぜ」
4人「やっぱり元凶はあいつかぁぁぁぁぁ!!」
アルケー「?・・・・写真で何をするんですか?」

もちろん盗撮した写真は削除しました。
フリフリ「当たり前でしょーが!」

(終)

バレンタインにマニアタ\(^o^)/
長編の方は真夜中にたぶん続きうpします。

87 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 21:48:13 ID:Qn2aYLL2O
>>81-82さん
ギガデリをあまりいじめないでw
兎に角続き期待してます。

>>86さん
御苦労様ですm(_ _)m
長編も頑張ってください。

鈴木一家(蒼そ論
蒼白「ふむふむ…これに砂糖を、っと」
そっと「それ塩…」
蒼「次に、小麦粉と卵と牛乳をいれてまぜる、っと」
そ「それは、片栗粉とたくあんと、どこにあったか知らんが、バリウム…」
蒼「最後に、星のカケラを入れて焼けば完成」
そ「最後以外、手順滅茶苦茶…」
ケチャ(扉が開く
正論「やっと店終わったや」
蒼「あっ、兄さんいいところに」
正「(何やら悪い予感…)何?」
蒼「ケーキ焼いたから食べて」
正「バレンタインの為、チョコを作ってたんじゃ…」
ドゥーン(ケーキが焼ける
蒼「あっ、出来た。そんな気にしないで食べて」
正「いや…気にするから…」
蒼「気 に す ん な」
おもむろに、正論の口にケーキを突っ込む。
正「熱っ?! うっ…不味っ!? 死ぬ…」ピチュン
蒼「よし。邪魔者は居なくなったな。じゃぁ、そっと。チョコ作りしよ」
そ「わかったよ(可哀想な兄さん…)」
蒼「絶対、美味しいのを作るんだ〜」
そ「楽しそうだね。頑張ろうね(一体誰に作るんだろ?)」

続く

88 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 22:29:57 ID:/fSEr3KeO
>>79
アンカミスってた!
>>25さん、すみません…orz

89 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/12(月) 23:00:27 ID:/fSEr3KeO
>>80の続き。
小説の割に状況説明なくて、すみません。
【ヒマワリの場合】

私は、弐寺国に居る姉妹の愛社員からのお土産を入れた紙袋を両手一杯にぶら下げて、Jimmy曲の家に向かった。

やけに渋い外観の家。ここにJimmy曲達は住んでいた。
インターホンを押すと

ジャジャーンジャーンジャージャッ
という、不思議な音が鳴った。すると、ガチャッというドアが開くと帽子にコートを着た背がスラッとした長身の男が出てきた。

ヒマワリ「こんにちは、jokerさん」

joker「ああ、ヒマワリさんいらっしゃい。今日はどういった御用件で?」

ヒマワリが両手にぶら下げている紙袋を見せる。
ヒマワリ「弐寺国に居る姉妹からお土産来たの。
私達だけじゃ食べきれないから、お裾分け☆」

joker「それはそれは、そんなに一杯持って来て疲れただろう。
上がりなさい、今お茶を入れてあげよう」

中へ案内する様に手を伸ばして促すが、ヒマワリは「いえ」と遠慮し、手に持っていた沢山のワラビモーチ等をjokerに手渡してJimmy曲宅を後にした。

ヒマワリがお土産をjokerに手渡していたその頃、同じ様にチカラは自分が働いている仕事先に足を運んでいた。

今日もひっそりと店を切り盛りしている女店主のBRAND NEW RADYの元にキャリーケース一杯のお土産を持参してダウンは店内へと入っていった。

ドゥーンダンダン(ドアが開く音)

ブランニュー「いらっしゃ…あら、ダウンさんいらっしゃい。
今日は非番でしょ?」

ダウン「異国から妹がお土産をくれたんで、少し持って来たんですよ」

キャリーケースを開け、決して少しとは言えない様な量の向こうの銘菓を見せる。

ブランニューは少し苦笑いを浮かべながら
「ありがとう、戴くわね」と、受け取った。

ブランニューは「しばらくは来客用のお茶請けはこれになりそうね」
と呟きながら奥へと抱えて行った。

勿論、ダウンも運ぶのを手伝ってだ。
実際、このお菓子の山は約3週間程お茶請けのお菓子として出されたらしい。


90 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/13(火) 17:08:14 ID:p62CSESQ0
もうバレンタイン一色だね

うへころ荘
FsW「差無来ー!チョコ作るぞー!」
侍「はい!ただいままいります」

チョコ完成後
侍「ふえええええええ」
too「…どうしたんだ差無来の奴?」
FsW「あー…ちょっと失敗しちまってな。チョコが半分おじゃんになっちまったんだ」
一同「ほっ」
FsW「つーワケで今年は一人5個な」
一同「な、何だってー!?」
侍「すみませんすみません皆様すみません」
TS「…気にしなくていいよ差無来。それよりも姐さん。AXISくんにチョコあげるっていうのh」
FsW「俺の目の前でAXISの名を出すとは…死にたいのか小僧?」
エンクル「バ○バ○ス化するのはやめろ。ファミレスで俺らが見つかるまではいい雰囲気だったじゃねーか」
FsW「で、でもなあ」
エンクル「いつもの姉貴ならまず突進するじゃねーか。今度は邪魔しねーからぶつかってこい」
FsW「でも…」
エンクル「デモもヘチマもねえ!俺の姉貴ならいってこいよ!」
FsW「…うー…わかったわかった。明日いってみるぜ」

too「よくいったじゃねーか」
エンクル「…俺ん時にはいろいろ苦労かけたしな。それに…」
too「ああ、ファンキーの奴、やっぱ渡したいんだろーな」
FsW(緊張するけど、明日またAXISに会える)ニタア
エンクル「…若干微笑みの仕方がおかしいけどな」
too(さて、明日デートに行くためにしっと団をどうにかせねば)

91 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/13(火) 21:58:46 ID:4oGsUgJOO
>>90さん
ファンキー頑張ってw

鈴木一家(蒼そ論
蒼白「かんせー」
そっと「良かったね」
蒼「うん」
そ「でも…これは…見るも無惨な調理場…」
蒼「…片付けよっか…」
そ「だね…」
仕方なく片付けてると…
正論「んっ…ここは…」
そ「兄さん起きた?」
正「起きたけど…って、なんじゃこりゃ?!」
そ「蒼白がチョコ作ったから」
正「こんなになるぐらい、に手の込んだチョコを?」
そ「溶かして、固めて、飾り付けだけ…」
正「それでどうやったらこんな事に…」
そ「まぁ、見てるこっちが大変だったんだよ。兄さんは、気絶してて正解ね」
正「そっか…ところで、蒼白は誰にあげるの?」
そ「それは…」ボソボソ
正「…ふむふむ…って、えぇっ?!」
そ「そんなに驚かなくても…」
正「蒼白ってあんなのがタイプだったの?」
そ「いや、見た目じゃなくて、試験管買いに行った時に、ジョーカーの魔の手から助けられたんだとさ」
正「そうなんだ…とりあえず、ジョーカーには天罰だな」
そ「兄さんの方が弱いのに?」
正「そうだった…orz」
そ(蒼白上手くいくといいなぁ…)

続く

92 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/13(火) 22:31:50 ID:WRFw5J4lO
バレンタインネタは長編でほとんど書いたし明日で完全に書き尽すからネタがn(ry

桃色カプセル

ヘリコ「…」
こた「おねーちゃんどしたの?」
ヘリコ「……あっ、なんだみかちゃんか」
こた「なんだとは何よ」赤DM化
ひと「みかん姉様…ヘリ姉様にとって明日は大事な日何ですから…」
ヘリコ「そういえば私明日何時に行くとか決めてなかったなって思っただけ」
こた「いや、はやく決めて来なよ。大事なことなんだし」
ヘリコ「ん…じゃ行ってきます」HSMAXでうへころ荘に向かう
ひと「もう平気なんですか、みかん姉様は」
こた「…ん?まぁ、おねーちゃん見てたら嫌でも平気になっちゃうって言うか」
ひと「なら良いんです。元気なみかん姉様が一番ですからね」
こた「…motto姉とラブメリちゃんは明日だっけ?来るの」
ひと「そうだったはずです。あるだけ持って行かれてしまうと思うので他の方に渡す分は明日の昼の内に渡して置いて下さいね」
こた「うん。ひとりもね。しっと団の人たちにあげるんでしょ?確か」
ひと「……ええ、今日あげられなかった方も多数居ますし」
こた「そか。頑張ってねw」
ひと「…はい」


明日は自分が一番頑張るべきなんだが('A`)

93 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/13(火) 22:56:31 ID:2jXDq0z1O
ビフォユ曲のお裾分け話、一時中断します。

ラブメリ「皆さんにちょっと早いバレンタインを差し上げます☆」

http://p2.ms/gb24w

ラブメリ「少し焼く時間間違えちゃった(てへっ)」

ラブメリ「あ、でも裏は結構綺麗に出来てますよw」

http://p2.ms/0e9gi


気分だけでも味わって頂ければ幸いですw

94 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/13(火) 23:55:55 ID:f7QCIT4o0
>>93
ヴォイ「いただきます…ありがてえ…ありがてえよお…」
TS「兄さんどうしたのさ」
ヴォイ「最近何か表に出てない気がして」
TS「はあ」

too「おやすみー」
バタン
too(さて、明日の準備もすませたし、さっさと寝…?)
too「何か俺大切なことを忘れているような…」
too(…気のせいか。さっさと寝y)
ガシャーン
too「な!?誰だ!!」
忘物「約束通り」
コリゴリラ「迎えにきたぞ」
too「いやいや約束した覚えなんかねーぞ」
忘物「意地でも」
コリゴリラ「連れて行く」
too「うわあああああぁぁぁぁぁぁ……」

FsW「何だtoo!何があった!?」
ヴォイ「あれ?いない…」

続きは明日かな

95 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/14(水) 15:12:23 ID:8+otIFwx0
>>94の続き

too「('A`)」
ぼっち「('A`)」
サダメ「時は来た!いくぞ!」
しっと団員「おおおおおおお!!」

―プレイヤー界―
○男「よーし!さくらんぼフルコンしてやるぜ!見てろよ×子ちゃん」
too「('A`)」
○男「な!?何でtoo late twoに…ってノートが一個しか落ちてこないぞ」
ステージクリアー!!
○男「…帰ろうか」
×子「…うん」

サダメ「何をしている!貴様もしっと団員なら」
無情の星「貴様らー!バグ報告があるから来てみればー!逮捕するー!」
ルーザー「げっやべえ!サダメ、どうする?」
サダメ「馬鹿者ー!男ならば徹底抗戦じゃー」
ずがーん

too「…さて、今のうちに逃げ出さなきゃな。ぼっちはどうする?何なら家まで送って」
ぼっち「いえ、わたしは残ってあの人たちを止めますから、tooさんは早くヘリ姉様のところにいって下さい」
too「…そうか。怪我すんなよ!じゃな!」

ぼっち「サダメさん!ルーザーさん!何やってるんです!」
サダメ「むう!ひとりぼっちくん!」
ぼっち「昨日、一体何のためにチョコあげたと思ってるんですか!?」
ルーザー「そ、それは…ごめんなさい」
忘物「それは」
コリゴリラ「初耳だ」
サダメ「へ?」
君の隣に「覚悟はいいかい?二人とも…」
ルーザー「ま、待て、話せばわか」
しっと団員「わからーん!」
二人「にゃあああああああああっ」ピチュン

こうしてしっと団は内部分裂してしまったとさ

96 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/14(水) 15:18:34 ID:8+otIFwx0
そうだ、忘れてた
エンクルとデザロの話うpしときます
http://www.uploda.org/uporg693235.zip.html
PASS:otoge

三人称視点は難しかった

97 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/14(水) 15:21:16 ID:4Ft2G/5XO
ライム「みんなにバレンタインのチョコ買ってきたよ!」
パースト「ライム姉さん、そういうのって普通作るんじゃないんですか?」
ライム「だってあたしが作ると大抵失敗するじゃない?」
黄黒白「(ある程度自覚はしてるのか…)」
ライム「それにイエパニお兄ちゃんに手伝ってもらうと、あげる意味なくなっちゃうし」
イエパニ「確かに僕が手を出したらほとんど僕がやることになりそうだしね」
ライム「じゃあ渡すよ!」



一同「……………」
ライム「…みんなどうしたの?」
ホワトル「う、うん。別に…ね。そうでしょ、ブラホラくん?」
ブラホラ「(なんで俺!?)あ…まぁそうだな!茶色くて四角くて…どこからどう見てもチョコだ!」
イエパニ「ただひとつ気になるのが、このスパイシーな香りなんだがな」
パースト「………皆さんそろそろ言った方が…」
ライム「え?何が?」

一同「どうやったらチョコとカレールーを間違えるんだっ!!!!!」

ライム「嘘ーっ!」
ブラホラ「嘘ーっ!じゃねぇよ全く…」
ホワトル「むしろ貰ったこっちが嘘ーっ!だよ」
パースト「姉さん…今度から買い物は私が行きますよ」
ライム「みんなごめんね…でもこのルーできっとイエパニお兄ちゃんがおいしいカレー作ってくれるよ!」
イエパニ「おま…!」

一同「いい加減にしやがれーっ!!!!!」

━━赤タム連打+サンバキック+二色高速オルタ+ビームオルタ発動━━

ライム「ちょ、そんな一気に来られたらあたし、らめえええぇぇぇ!」

ガシャン



間に合わせのネタで済まなかった。

98 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/14(水) 15:47:42 ID:32vmgEPeO
骨董 樽木屋 14日 24時

ルーザー「ただいまー^^;」
パズル「あ、ルーザー兄さんおかえり 今日は出番多くて大変だったでしょ?」
ルーザー「なんて言うかクリスマスにもまして情熱(執念)の込もったプレイヤーが多くてね、出番が増えたのは嬉しいがなんだか少し複雑な気分だよ」
パズル「はいコレ、アジカンノジャケ子さんが兄さんにもどうぞって」
ルーザー「あぁ、あの娘からか。パズルもいい彼女をもったもんだ… あれ?そういえばボビーは?」
パズル「ボビー兄さんは、帰ってくるなり何か暗い顔して二階へ上がってったよ?」
ルーザー「ちょっと見に行ってみるか」
-二階ボビーの部屋前-
パズル「ボビー兄さん泣いてるみたいだね」
ルーザー「あぁ、泣きながら何か歌ってるな。ちょっとここで聞いてみよう」
ボビー「公園のベンチでボビーは見かけたー それは阿部という男でしたー
貴方はツナギのホックを下ろしたままー 『やらないか』とこっちへ微笑むー
やらしさに満ちた眼差しが僕に刺さるー 考える間もないー
指差す先ー 小さな公園のトイレ Tell me アッー!
悲しみの粒は喜びに変わるー 弾けとんだ僕の心に未知の感触
愛情の有無を確かめ合うのはイヤイヤー 801になることを恐れているからー
(ウェ‥‥グスン‥‥‥ヒック‥‥)」

ルーザー&パズル「(;・∀・)……(・∀・;)」
ルーザー「さて、寝るか;;;」
パズル「そうだね…それがいいね…そうしよう;;;;」



骨董 樽木屋バレンタイン編 〜完〜



※公園のベンチは二番の歌詞です、読みにくい部分や文章能力の低さ等ありますが ご容赦下さい。

99 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/14(水) 19:45:48 ID:tNhUZwD2O
〜ささきっさ〜1/2

落書き帳「はい、セブン君、あ〜んして」
DD7「ら、落書き帳さん…恥ずかしいですよ…」
デイドリ「ほう、なかなかにラブラブだなDD7。さすがは俺の弟だ」
100sec「私達も負けてられないわね!はい、あ〜ん」
タイピ「い、言っとくけど味は保証しないですよ!?」
アニュス「味なんて関係無いよ。タイピちゃんが僕の為に作ってくれたものなら」
コクピ「あーあ、何で貰えないと分かっててささきっさに来てるんだ俺('A`)」
タイピ「コクピ!」
コクピ「何だ?」
タイピ「アニュス用のチョコを作った時に練習としてチョコフィロ作ったです。勿体ないから食べやがれです」
コクピ「え…良いのか?」
タイピ「その…9&10の時に色々世話になったですし…言っとくけど義理チョコですよ!?」
コクピ「そういうことにしといてやるよwお、意外と美味いな」
タイピ「意外とは余計です!」
デパチャ「忙しいんだから働けお前Rむぐっ!?」
αρχη「あ、デパチャさん、チョコフィロ作ってみたんですけどどうですか?」
デパチャ「む、むぐっ!むぐっ!(訳:み、水!水!)」
αρχη「ご、ごめんなさいデパチャさん!大丈夫ですか!?」
ゆら「はぁ…皆さんラブラブですねぇ…そういえばコンチェさんはDD2さんにチョコをあげるんですか?」
コンチェ「んっふっふ…よくぞ聞いてくれました!これが今回の私のチョコだよ!」
ゆら「こ、これは…何を入れたらチョコがこんな鮮やかな蒼色になるんですか!?」
コンチェ「それは企業秘密だよゆらさん。名付けて『chocolate in Blue』!」
イスト「こんなの作ったから流しがあんなに蒼かったんですね…掃除大変だったんDむぐっ!?」
コンチェ「はいはい、チョコあげるから許してよ」


100 :爆音で名前が聞こえません:2007/02/14(水) 19:49:22 ID:tNhUZwD2O
〜ささきっさ〜2/2

ボビス「大丈夫イスト?」
イスト「美味しい…」
ゆら・ボビス「え!?」
イスト「美味しいよコンチェ姉さん…ただ…」
コンチェ「ん?」
イスト「舌が真っ青になったんですが…」
コンチェ「それはしょうがないよ。この鮮やかな蒼色を出すのに苦労したんだから」
ゆら「全くもう…あら?いらっしゃいませDD2さn…何ですかその巨大な包みは?」
DD2「コンチェ様〜、作って来ましたよチョコレート!」
落「うわぁ…これはまた…」
タイピ「すごく…大きいです」
100sec「安全の為に中身を確認させてもらっても良いかしら?」
DD2「はい。かまいませんよ」
コンチェ「それじゃあ私が…うわ!」
100sec「等身大のDD2のチョコレート…」
落「ツーちゃんってひょっとして…」
一同「バカ?」
DD2「な!?誰がバカですか!私がせっかく『私を食べて』という意味をこめて作りましたのに…それとも全身にチョコを塗りたくって『私を食べて』とか言った方が良かったって言うんですか!?」
一同(ああ…そういえばこういう曲だったっけ…)
DD2「何ですかそのかわいそうなモノを見る目はー!?」
コンチェ「だってこの大きさじゃ一回で食べ切れないし冷蔵庫にも入らないよ…」
デパチャ「まぁ切り分ければ入れられないことも無いが…」
落「それ何て火サス?」
100sec「とりあえず少し食べちゃいなさいよ」
コンチェ「そうだね。あ、結構美味しい」
タイピ「あ、蒼姉さん…何故首筋から食べ始めるですか?」
コンチェ「え?弐寺の先輩が『獲物は首筋からガブッと』って言ってたし」
サファリ「イックシ!うちはやっぱりチョコより肉の方がええなぁ」
100sec「なかなか凄惨な光景ね…」
DD2「ああ…そんなワイルドなコンチェ様も素敵です」
一同(DD2…かわいそうな子…)
DD2「だからかわいそうなモノを見る目はやめてくださいってばー!」

ウォールストリート「その後等身大チョコは切り分けられて、コンチェはDD2にちゃんとチョコを渡しましたとさ。めでたしめでたし(久々の出番ktkr!MPGに収録されると良いなぁ…)」



501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)